TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

SALICE Italy B316Z0刻印金具

S様より丁番金具のお問合せ
「食器棚のちょうばんについて」
食器棚のちょうばんが壊れてしまいました。ちょうばんに、「SALICE Italy B316Z0」 と書いてあります。在庫はありますか?

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8945

安田屋家具店からの返信
破損家具の写真を確認しました。
SALICE Italyと刻印されているとのことなので、恐らく輸入金具で、国内生産の金具ではないかと思います。そのため全く同じ金具の入手は無理です。

ただし金具形状は、通常の「スライド丁番金具」なので、扉に空いている穴の直径が、40mm,35mm,26mmであれば国内生産の金具で代替えできます。 穴の直径が異なる場合は、穴を彫り直せば代替え金具が使用できるものと思います。

ただし家具本体側に取り付ける受け座金具の形状が変わります。そのため現在の金具が取り付けてあるネジ穴が使用できなく、新しい位置に金具を取り付けなければなりません。

またどのタイプのスライド丁番金具を使用するか、取付方法についても専門的な知識と技術が必要になります。お客様自身での取替えは難しいので、そこはプロに任せた方が修理費用は安価で、確実に修理できるのでお勧めします。

そのためには、ご自宅界隈の昔から続いている小規模な家具店、もしくは家具修理専門店にご相談され るとよろしいかと思います。 スライド丁番金具に取り替える修理内容は、それほど難しいものではありませんので、当店でもよく行なう修理方法です。

ただし今主流のインテリアショップでは修理不可能ですが、 昔から続いている街の家具屋さんであれば、当然修理方法は知っておりますので、ご相談されれば修理できるものと思います。 ご参考になれば幸いです。

9月 28, 2016 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply