TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

コスガ 7255LDCチェア

N様よりコスガ製チェアー修理のお問合せ
コスガの椅子、約30年前購入、(4脚)写真の籐の部分が破れてきました。修理が出来るでしょうか?---1脚幾らぐらい掛かるでしょうか?全く同じでなくても良い。教えて下さい。

安田屋家具店からの返信
椅子の写真を確認いたしました。懐かしいコスガ製のカントリー家具「7255LDC」チェアーです。背面の籐シートだけでなく、座面もかなりくたびれているようなので張替もお勧めいたします。

コスガは残念ながらかなり以前に廃業してしまいましたが、日本三大家具メーカーの一つでした。良い家具を作っていましたので残念です。

さて背面籐シートの張替ですが、一般的に使用します籐シート材はカゴメ編み部分のサイズが7mm×7mmの「五分カゴ目編シート」を使用します。

尚、カゴメ編み部分のサイズが5mm×5mmの「三分カゴ目編シート」材もありますが、「五分カゴ目編シート」に比べて弱い素材なのでお勧めしません。

中水様宅の椅子背面の籐シート材の大きさをご確認してください。写真左側が「三分カゴメ編み」、右側が「五分カゴメ編み」です。

「三分カゴメ編み」

「五分カゴメ編み」

N様宅の椅子背面の籐シート材は木部フレームと同色で着色塗装がされています。籐材に塗装を行うと籐材を固めてしまうため籐材の弾力性が失われ耐久性が落ちます。

そのため当店では、耐久性が高い無着色、無塗装の生地仕上で行っています。張替当初は無塗装のため白っぽい色をしていますが、年数が経過するごとにあめ色に変色していきますので木部フレーム色との違和感はなくなります。

全脚張り替えられる場合は、生地仕上をお勧めします。

張替費用は「五分カゴ目編シート材」を使用し、無着色・無塗装仕上で1脚13,500円です。往復の送料が別途必要となります。「三分カゴ目編シート材」を使用する場合は別途お見積致しますのでお気軽にお問合せ下さい。

着色塗装仕上は別途プラス1脚税込5,000円となります。

修理期間はお預かり2週間前後での発送となります。

ご検討賜りますようお願いいたします。修理ご用命の際に椅子を送られる場合は、梱包などの手間が必要ないヤマト運輸の「らくらく家財宅急便」が便利です。

N様からの返信
ご返事有難うございます。シートも、椅子も大分くたびれていますので、種々検討いたします。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
2月 3, 2018 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply