TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

RABBIT刻印金具

Y様からお問合せ
長年使用していた洋服ダンスの開き扉の片側についているアングル蝶番2つが壊れました。蝶番は「Rabbit 20×20」と刻印されていました。

自分で取り換えができたらと思いさがしたところ、安田屋家具店のホームページを見つけることができました。

ただ、貴社でこの蝶番または、これに代わる物を購入できても、自分で取り換えができるか不安があります。今回、この蝶番のメーカーとサイズを調べるにあたり、壊れた蝶番をはずしたのですが、扉についている蝶番は埋め込まれているためにネジをはずしも、扉からはずすことができません。女性の力ではずすのは難しいと思われますか。お忙しいところお手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

安田屋家具店から返信

破損した金具と同じ工場の「RABBIT刻印」20×20の金具はありますのでご安心ください。ただしかなり古い金具の場合、現在の金具とサイズが異なる個所がありますのでご確認ください。

扉に金具の円形部分をはめ入れる穴がありますが、その穴の長さが古い金具と現在の金具ではサイズが異なる場合があります。

現在の金具の穴の直径(扉上下方向)は35mm、長さ(扉左右方向)は27mmです。かなり古い金具の場合、直径は35mmで同じですが、長さが24mmと短いものがあります。その場合、穴の長さを彫り広げる作業が必要となりますので必ずご確認ください。

扉にあいている穴さえ同じであれば、簡単に女性でも取替ができます。

次に扉の穴にはまり込んでいる金具の円形部分を取り外す方法ですが、3か所のネジを外しても取れない場合は、金具がさびて木部に密着しているか、または金具取り付け時に両面テープなどで固定してあるかのどちらかが
原因で外れないものと思います。

扉側に取付ける金具の部分をつかんで、グイグイと金具を穴から外すように動かすと取れます。

どうしても取れない時はマイナスドライバーやアイスピックのような道具を使用して、ネジ穴部分に道具を差し込んで金具を強制的に起こすようにすれば外れるはずです。

ネジ穴に道具を差し込んで何回もやっているとネジ穴部分で金具が割れる場合があります。金具が割れてしまえば簡単に取れます。女性でも何回か挑戦すれば必ず取れます。取り換える金具なので、壊して外すこともありだと考えます。

金具は1個税込み530円です。送料が別途必要となります。

Y様からのご返信
お忙しい中、大変ご丁寧なご返事をいただきまして、ありがとうございます。

アドバイスに従って試したところ、扉側の金具が取れました。ありがとうございました。送っていただいたお写真とホームページにありましたお写真を、壊れた金具と比べたところ、【アングル丁番金具 20-20】だと思うのですが、若干サイズが違うところがあり、家具本体に取り付ける部分の形が異なっていました。

もし可能でしたら、壊れた金具を送付いたしますので、これに代わる商品を送っていただくことはできますでしょうか。お手数をおかけいたしますが、よろし くお願いいたします。

安田屋家具店からの返信
Y様のお役に立つ情報で光栄です。金具が取り外せたとのことで何よりです。どの金具で代替えができるものか不安だと思いますので取り外された破損金具を安田屋家具店にお送りください。現物を確認して、代替金具をご紹介します。破損金具の到着をお待ちしております。

2月 9, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply