TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

またまたアトランタの取手金具

長い間聞くことのなかった懐かしい家具名を連続して目にするのは何かの引き合わせなんでしょうか。今回も静岡に工場があった太田長(オオタチョウ)が製作していた「アトランタ」シリーズ家具についてのご相談です。

さいたま市のH様より
はじめまして。さいたま市在住のHと申します。
アトランタの家具でお問い合わせがあったとの記事を拝見しまして、私もご相談させていただければとメールさせていただきました。

アトランタシリーズのタンスセットをかれこれ30年ほど前に岐阜市で購入しました。

と言いますのも、私が岐阜市の出身でして忠節橋の近くに住んでおりました。(今は両親も他界しまして実家もありませんが)

確かに柳ケ瀬辺りで主人と購入したと思いますので、もしかしたら安田屋家具さんで…とも思ったりもしましたがどうにも思い出せません。申し訳ありません。

地図を見ながら、あの頃の柳ケ瀬を懐かしく思い出しておりました。八千代のお好み焼きが食べたくなってきました 笑。

前置きが長くなりましたが、実はチェストの取手金具が数回の転勤で取れてしまいまして、途中で紛失してしまいました。(転勤生活で、なぜこのような重い家具を!とみんなに笑われましたが、当時はこんなに引越を重ねるとは思わなかったのです)

今まで、なんとか引き出しを開け閉めしておりましたが、やはり不便でして、なんとか良いお知恵を拝借できませんでしょうか。何卒よろしくお願いいたします。

安田屋家具店からの返信

アトランタシリーズを製作していた静岡の「太田長」という工場はかなり以前に廃業してしまい残念です。お買い求め家具店が柳ケ瀬当たりとのことなので、当店かもしれませんが、当時の柳ケ瀬界隈には10店ほどの家具店がありましたので何とも言えません。

婚礼家具需要がなくなった今、柳ケ瀬界隈で残っている家具店は当店1店のみというさみしい状況です。

さてお問い合わせのアトランタのチェストの取手金具ですが、H様のお役に立てるご案内があります。

工場が廃業してかなり経つので金具は残っていないか、工場のあった静岡の家具問屋に確認してみました。

するとなんと10個ほど残っているとのことです。これが恐らく最後の金具だと思います。

ただ1点確認していただきたいことがあります。

取手金具はチェスト引き出しの前板に2か所の穴が開いていて、その穴にビスを差し入れて金具を止めてあります。チェスト引き出しの前板にあいている2か所の穴の中心~中心までの間隔は約60mmでしょうか。ご確認ください。

現存する金具のねじ止め位置の間隔は60mmです。間隔が違うと穴をあけなおす必要がありますので、必ずご確認ください。

尚、金具の色や艶などは、H様宅のチェストと経年劣化により若干の違いがありますことをご了承ください。

ご入用の際はご連絡ください。価格を確認してご連絡いたします。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 3, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply