TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

またまた丁番 MD30-5AH

一昨日に引き続き、またまた「MD30-5AH」丁番についてのお問い合わせがあった。

K様からのお問合せ
初めて御連絡させて頂きます。
御社製作の食器棚を愛用させて頂いているKという者です。

画像の製品ですが、開閉頻度の高い、上部右側の蝶番が破断したため、やむをえず頻度の少ない下部左側蝶番を転用しました。幸い8個設置されている蝶番は、全て同じ型番「MD30-5AH」でしたので、上記応急処置ができました。

しかしながら、この食器棚は、結婚30周年を迎える私たちにとって、かみさんの大切な嫁入り道具であります。これからも万全な状態で使い使い続けたいと思います。

蝶番の在庫はございますでしょうか?お忙しいところ誠に申し訳ございませんが、御返信お待ちしております。

安田屋家具店からの返信
破産された丁番「MD30-5AH」は、下記資料の金具だと思います。

資料の金具ですと、残念ながらすでに生産中止の金具で、2015年11月に完売したため在庫も無く現存しません。

またノーブランドで製作していた代替金具も同様に2015年に生産中止になったため在庫も無く現存していません。このタイプの金具はかなり以前から使用されなくなったため需要が激減したことが生産中止の理由です。

安田屋家具店は、ノーブランドで代替え金具を製作していた工場に再生産を懇願しました。しかし・・・・、工場の社長様から直々に頂いた返事では・・・、

工場からの返信
生産中止の理由は、この金具は調整機能がないため、従来使用していただいておりました木工メーカー様が調整可能なスライド丁番に移行してしまったことが主な原因です。これによりこの丁番はほとんど使用されなくなりました。

又、この金具は海外品 (中国) で受注生産となっておりロットが12,000個以上となっています。又、ここ数年生産していないため金型が使用できるか確認してみなければわかりませんし、為替の変動や人件費の変動があり価格も大幅にかわっていると思われます。

その後金具を生産していた海外(中国)に確認したところ、金型をすでに廃棄しております。新たに金型を製作する予定もありませんので、再生産はてきません。申し訳ございませんがご理解のほどお願いいたします。 つづく

関連記事
「続 またまた「丁番MD30-5AH」

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
5月 4, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply