TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

続 座板割れ「コロラド」椅子

カントリーデザインの椅子に多く見受けられる板座面の割れに関する修理方法の続報です。

座面割れの一般的に多い修理方法は、現在の割れた個所のみを再接着して、座面裏に補強板を2本取り付ける修理方法です。

座板割れ二つ目の修理方法として今回ご紹介するのは、完全修理です。
これは割れていない座板部分も強制的にたたいて割り、座板をバラバラにして材料の状態にしてから修理する方法です。

まず肘・背棒・脚を座板から外し、椅子を完全に分解します。分解した部品の中から座板を取り出し、座板のすべての接合部分をたたいてバラバラの材料板の状態にします。

その後、バラバラになった板を再接合して座板の状態に戻します。

再接合を終えると座面表面を木地の状態になるまで削り、接合部の段差(目地違い)をなくします。

座板の研磨を終えると、座面裏に補強板を横方向に2本取り付けます。

そして肘・背棒・脚を再接合した後に、座面を中心とした部分を再塗装仕上げを行います。

この方法の修理後は、ほぼ新品と同じ状態になります。また座板の他の部分の割れが生ずる心配はありません。

この修理費用は1脚税込22,000円です。お客様宅から当店、当店からお客様宅までの往復の送料は別途必要です。3脚の場合は合計 66,000円+往復運賃です。

さてお客様宅から当店への送付方法で簡単なのは、ヤマト運輸の「らくらく家財宅急便」を使用する方法です。お客様が梱包する手間は必要なく、自宅まで取りに来てくれます。運賃は1脚税込4,320円のようです。

運賃を安くするには、段ボール箱に椅子を梱包してヤマト便などの運送会社に持ち込む方法ですが、梱包材の費用が高くなるのであまりおすすめしません。

当店からの運賃は恐らく1脚3,000円前後だと思います。段ボール箱に梱包しての発送となります。正確な運賃は発送前にお見積りします。

(価格は2018年5月時点です。未来から来た方がご覧になった時点で価格が変動している場合がありますのでご了承ください)

関連記事
座板割れ「コロラド」椅子

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
5月 29, 2018 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply