TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

キャッシュレス消費者還元事業者

2019年10月1日から消費税が10%に増税されたことによる消費の落ち込みを防ぐことと、キャッシュレスを推進させるために2020年6月までの9か月間実施される「キャッシュレス消費者還元事業」の事業者として安田屋家具店実店舗は登録してあります。

経済産業省から認定事業者であることを告知するポスターが届いていたので店頭に貼りました。

2種類のポスターがあったので、目立つように張りました。

安田屋家具店の実店舗でのお買い求め時に、クレジットカード、デビットカード、QRコード決済でお支払いいただくとお買い上げ金額の5%が還元される(請求時に値引きされる)という制度です。

10月1日スタート時点で確実に5%還元されると経済産業省からお墨付きをいただいたクレジットカードは、「VISA」「Master Card」「Diners Club」の3社のみ。QRコード決済は「paypay」となります。

クレジットカード大手の「JCB」は、8月24日に申請をしたものの、その後何の音さたも無く、審査が通ったのか通らなかったのかの確認も一切できずにいます。問合せ先に電話してもまったくつながらない状況。どうなっているのかさっぱりわかりません。今の所JCBを使用した場合の5%還元はできない状態となっています。

安田屋家具店実店舗の決済代行会社からは、「VISA」「Master Card」「Diners Club」の3社以外にも「MUFG CARD」「DC」「UFJ CARD」「Nicos」「UC」「Cedyna」「OMC」「SAISON CARD」「高島屋 CREDIT CARD」「JACCS」「Orico」「AEON」「TS3」「Rakuten Card」「NCリンク」も5%還元できるカード会社と連絡がありました。

「キャッシュレス消費者還元事業」そのものがバタバタで、ちゃんと計画通り進んでいなくて混乱しているとのことです。

上記カードをご使用いただいたお客様に、確実に5%還元されることを祈るばかりです。日本国の制度なのに、ちゃんと施行されるか祈るしかないとは情けないことです。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
10月 2, 2019 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply