TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

ベビーチェア修理

カントリーデザインの子供椅子、ベビーチェアー修理のお問い合わせがありました。ウインザースタイルの椅子のようです。

Sと申します。
安田屋家具店ホームページのブログを拝見し、椅子の修理の見積もりをお願いしたく、メールさせていただきます。写真を送付させていただきますので、お見積もり可能でしたら、お願いいたします。

[椅子の状況]
・座面の接着面が外れている
・背もたれの柱が割れている。
・背もたれとひじかけの接続部が割れている、また同ひじかけが割れている。( 接着あとあり)

父が中途半端に治そうと試みたので、単純な壊れだけでない状態です。修理後、全面塗装し直し(剥離含む)を検討しています。

安田屋家具店からの返信
写真を確認しました。
背もたれの柱、ひじ掛けの接合部に割れがありますので、当店の職人では完全な修理ができません。再接合はできますが、強度が不足し、耐久性が低いのでお勧めできません。

椅子のデザイン、形状から工場がわかりますので今回のような破損個所が重度の場合は、本格的に工場にて修理されることをお勧めします。現在見積をさせておりますので、金額が分かり次第ご提案させていただきます。

修理方法としては、椅子をバラバラに分解します。座面は数枚の板を接合して1枚の座板を作っていますので、この座板も接合部を割ってバラバラにして部材の状態にします。

その後、バラバラにした板を再接合して、1枚の板座に戻してから、表面を削ります。その後、表面を再塗装します。最後に座裏に2本、補強板を取付けます。補強板は表面からは見えませんので、取り付けても違和感はありません。

割れている背棒、ひじ掛けの部材を新しく作り、取付け直します。背板裏側のシールの残りは、恐らく除去すると思います。

最後に分解した全ての部材を再接着して元に戻します。新しい部材に取替えた背棒、肘部材は再塗装します。修理後は新品商品となります。修理期間は、お預かり後約1か月半ほどとなります。

ちなみにこの椅子は現在も生産しています。

現在の価格は税込み52,800円です。
修理金額のご連絡まで今しばらくお待ちください。

関連記事
続 ベビーチェア修理

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
11月 20, 2019 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply