TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

第2世代クローゼット丁番

Y様からクローゼット折戸に使用されている丁番金具が破損したご相談がありました。

Y様よりお問合せ
クローゼットの折戸の蝶番が3つ全て壊れてしまいました。メーカーや品番をご確認頂いた上、ご注文したいと思います。サイズがすぐに分からなかったので、表と裏の写真をお送りします。必要であればサイズもお送りします。よろしくお願い致します。

安田屋家具店からの返信
この金具はすでに生産中止で全く同じ金具は現存していません。古い金具で第二世代の金具となります。

生産した同じ工場が、その後金具の機能と耐久性を向上させた後継金具を現在は生産しています。この後継金具で代替えが可能ですのでご安心下さい。(写真の右側が最新の後継金具となります)

尚、破損金具と現在の後継金具との違いが1点あります。金具の取付ネジ位置です。

古い金具である破損金具の取付ネジ位置は扉にあいている穴の内側です。後継金具は穴の外側が取付ネジ位置となります。

写真の赤丸部分の位置となります。

穴の外側部分となる扉内部には芯材が入っている箇所となりますので、ネジ位置が変わってもネジは確実に効くものと考えます
ので問題はありません。

扉にあいている穴に入れる金具円形部分のサイズは同じなので簡単に取替えができます。

金具は1個税込み600円です。ビスが8本付属します。在庫は十分ありますので直ぐに発送できます。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 3, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply