TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

吊り扉式下駄箱

K様からのお問合せ
初めてメールをします。
下駄箱の上の部品が取れてどこかに行ってしまい、下にはレールもないのでこころもとないじょうたいです。 作り付けの下駄箱で使えているのに、もったいないと思い連絡をさせていただきました。

長さは3センチくらいです。取り付けられるものなら取り付けたいです。外してみると上のレール部分は割れていました。

ユアサという名前がついた下駄箱です。部品は手に入るものでしょうか?

安田屋家具店からの返信
下駄箱の下方にレールが無いということは、写真の下駄箱のような吊り扉方式の引戸ではないかと思います。

現存している吊り扉用部品の写真とサイズ図を破損金具と比べてください。

部品上部が左右に出っ張りのある「羽根付きタイプ」。

 

出っ張りのない「羽無しタイプ」の2種類あります。

レールの溝の幅を見ればどちらの部品なのか判明します。

「羽根付きタイプ」に使用するレールの溝の幅は約12mmです。

「羽無しタイプ」に使用するレールの溝の幅は約5mmです。

どちらの部品も在庫はありますので直ぐに発送できます。

尚、吊り扉用部品はご紹介した2タイプ以外は現存していないようです。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
10月 11, 2020 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply