TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

ハロウィーン室内会場

10月30日に開催した「美殿町 DE ハロウィーン」 で、安田屋家具店の北館1階の「YASUDAYA ギャラリー」をハロウィーンパーティー会場としました。1週間前から、おきなや総本舗の若女将マーガレットさんを中心とした、美殿町界隈のママさん仲間が飾り付けや、ゲームの設置などの会場準備を行なってくれました。

入り口です

かっぱ寿司マンがいます

また当日は、ボランティアの皆さんやママさん仲間が、ゲームやフェイスペインティングなどの各ブースを担当してくれました。子供のみ有料で一人500円。6種類のゲームとフェイスペインティングに参加できます。ゲームはもちろんお菓子がもらえます。

この続きは下の(read more)をクリックしてね

ママさんたちも、ボランティアの皆さんも全員仮装しています。
サニーサイド幼稚園のローラ先生も海賊の衣装でお手伝いいただきました。
幼稚園行事で声がつぶれてしまったようで、魅力的なハスキーボイスでした。

ローラ先生

およそ70名の子供達がハロウィーンパーティー会場に参加していただきました。
来年はもっと面白い本場仕込の会場にしたいですね。

室内会場から外に出ると、美殿町通りはまだまだ仮装した子供達で大賑わいでした。

10月30日の美殿町には、約500名前後の人々が訪れてくれました。仮装した子供の人数も300名以上はいました。用意した200個あまりのお菓子はどのお店も30分前後でなくなってしまったようです。来年は、美殿町商店街で200個は最低用意し、それ以上は各店舗がカワイイ子供達のために各自で用意していただくようにしましょう。全部で400個前後の小分けしたお菓子が必要ですね。そして年々お菓子の数もきっと増えることでしょう。そうなったら購入方法を再検討しなくてはなりません。四代目一人でそれだけのお菓子を買いに行くのはちょっと重労働です。1年かけて考えましょう。

11月 3, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply