TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

岐阜JC新年賀詞交換会2

 昨日ご報告しました平成23年度 第60代理事長 後藤栄一郎さん率いる「岐阜青年会議所」通称岐阜JCの新年賀詞交換会の様子を引き続きご報告いたします。参加できなかった岐阜JC OBの皆さんに少しでも会場の雰囲気をお伝えすることができたなら幸いです。

 開会の挨拶の後、岐阜JCクラブ会長にご就任されたヨツハシ株式会社の四橋様のご挨拶から始まりました。四代目が大変楽しみにしている通り、いつものようにユーモアとウイットと時事ネタを織り交ぜながらのご挨拶スピーチでした。会場内にいる全員のお顔は満面の笑みになりました。どうしたらこんなに素晴らしいスピーチができるのだろうと、毎回感心してしまいます。四代目の憧れです。でも何年経ってもたどり着けないことでしょうね。精進精進。

 四橋 岐阜JCクラブ会長ご挨拶の後は、新年賀詞交換会の目玉である理事長所信表明の時がやってきました。JC理事長の任期は1年です。したがって毎年新理事長がこの試練を経験してから、本当の意味での岐阜JCがスタートするといっても過言ではないと思います。過去の全理事長がこの時間を経験されたのです。少々緊張気味で壇上に登壇する後藤栄一郎 理事長です。

 会場内に着席している約300名ほどの参加者全員の視線が、後藤栄一郎 理事長一点を注視しています。

この新年賀詞交換会での理事長所信表明には、岐阜JC独特の暗黙のルールがあるそうです。その暗黙のルールとは・・・、

  1. 壇上には演台を置かない
  2. 手には何も持たない
  3. 所信表明は全て暗記して、水が流れるがごとくスラスラッとスピーチする

というような内容だったと思います。いつの時期から好む暗黙のルールができたかは存じませんが、四代目が在籍中から今日にいたるまでの全理事長が、この暗黙のルールにのっとって所信表明を経験されました。今日の後藤栄一郎 理事長の登壇場所には、足元を隠す様な演台は設置されていません。身一つでの登壇です。
この続きは下の(read more) をクリックしてね

 約10分弱のスピーチが始まりました。
 会場内はシーンと静まり返り、後藤栄一郎 理事長の声だけが響いています。

 かむこともなく、詰まったり、いい間違えることもなく「立て板に水」がごとく、よどみなく、すらすらと話されました。このすらすらっと話せるまでに大変な努力を影でされています。恐らく理事長所信表明であるスピーチ原稿は昨年理事長に内定した時点から構想を練り、何度も何度も書き直し完成させ、その後はその全文を暗記するまで繰り返し繰り返しスピーチの練習をされていると思います。家でも、会社でも、車の中でも、ちょっとした空き時間を見つけては練習されたんだと思います。理事長になられる人はすごいなぁーとつくづく思います。岐阜JC約200名の会員を引っ張っていくわけですから、大変でしょうが、ガンバッテください。OBとして応援しています。

 所信表明スピーチ後には自然と拍手が会場内にあふれたのでありました。後藤栄一郎 理事長所信表明は、コチラをご覧ください。

 ホッとした安堵の表情で降壇された後藤栄一郎理事長の後は、ご来賓挨拶として、岐阜県知事 古田肇知事のご挨拶。

 そして岐阜県知事の次に、岐阜市長 細江茂光市長のご挨拶です。

 数ある団体の中で、毎年必ず岐阜県知事、岐阜市長いずれもご本人が参加されご挨拶される民間街づくり団体は岐阜青年会議所以外にはそれほどないのではないかと思います。20歳から40歳までの若き力で、岐阜市を、岐阜県を、日本を、世界を変革していく団体に期待されているからではないでしょうか。

 ご来賓挨拶の次は、恒例の鏡開きです。
 樽酒は、岐阜JCのOBである武藤 ようじ先輩の「菊川株式会社」様からご提供いただきました。

左から「四橋岐阜JCクラブ会長」「大松岐阜商工会議所副会頭」「古田肇岐阜県知事」「細江茂光岐阜市長」「後藤栄一郎 岐阜JC第60代理事長」です。参加者全員で「よいしょっ」の掛け声とともに鏡開きです。

この続きはまだまだ長くなりそうなので、今日はここまでのご報告とします。

1月 21, 2011 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply