TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

名古屋市科学館がすごい1

 くしくも四代目の誕生日である3月19日に名古屋市にある「名古屋市科学館」が、建物を新しく建て替えてのリニュアールOPENした。春休み中の子供と一緒に3月31日に行ってきた。

 前日に調べた所では、新しくなったプラネタリウムが大人気で、それを目当てに開館前には千人前後の人が並んでいるとのこと。少し早めに出発することにした。平日の木曜日、それも年度末の3月31日でもあることから、そんなに人は来ないだろうという楽観的な考えを持っていました。でも少し早い時間に出かけることとしました。

 朝8時10分に自宅を出発。
JR東海道線で名古屋に行き、地下鉄東山線で一駅先の「伏見」で下車、徒歩で5分ほど歩いていくと白川公園が見えてきました。するとなにやら人の行列が見えました。まさか名古屋市科学館入場待ちの行列かなという不安が頭をよぎるものの急ぎ足で先を急いだのでした。

 不安は見事に適中。
 名古屋市科学館の建物の横に5列に人が並んだ行列ができていました。行列をたどって最後尾を探すと・・・・、な、な、なんと白川公園の中にまで行ってやっと最後尾にたどり着きました。名古屋市科学館のスタッフが「本日のプラネタリウムは2,250名の定員となっています。この地点あたりですでに2,300人を超えています。この地点からお並びいただいてもプラネタリウムへの入場券は売り切れとなることがありますのでご了承ください」のアナウンス。

 時計を見るとまだ午前9時。開館の30分前です。にもかかわらずすでに2,300人以上の人が並んでいます。事前情報の2倍です。ここまで来たのですから最後尾に並びました。少しづつ進みながら、約30分経過してやっと白川公園から名古屋市科学館建物の横の行列にたどり着きました。

 この建物の横には5重の列が作られています。そして並び続けて約2時間、やっと名古屋市科学館の玄関口にたどり着きました。時刻はすでに11時30分を過ぎています。

 先に入場した人が昼食のために外出するのでしょう、次から次へと出て行きました。購入できたプラネタリウム上映時間になったら戻ってくるのでしょうね。うらやましぃーー!!

 玄関にやっとたどり着くものの玄関前にも5重の列が作られています。入場券を購入するのはまだまだ先です。玄関口に並んで20分、やっと建物の中に入れました。でもまだ入場券購入場所にたどり着けません。まだ3重の行列になっています。ふと案内板を見るとプラネタリウムは1日6回の上映があるのに、最終回の午後4時30分の回を除く時間はすでにすべて「売り切れ」の表示。さらに最終回も残り200席の表示。そして列が進むにつれて「残数180」「残数150」・・・・・、「残数50」と減っていきます。気持ちはあせるばかりですが、なす術がありません。ただひたすら順番を待つだけです。そして入場券購入の順番が次となりました。案内板に目をやると「残数12」の表。これはひょっとすると・・・・・・。淡い期待をもちつつ購入窓口へ進み「大人入場券とプラネタリウム1枚と子供プラネタリウム1枚」と告げたのです。

つづく

4月 4, 2011 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply