TOPページ »商品紹介 » ハンギングチェアー » この記事

ハンギングチェアー入荷情報

 フジテレビ月9ドラマ「月の恋人」で、木村拓也(キムタク)演じる社長室においてあったことによって注目を浴び、今はカゴメ野菜ジュースのテレビコマーシャルで再びお茶の間で見られるようにようになり人気継続中の「ハンギングチェアー」の入荷状況についてお知らせします。

 「ハンギングチェアー」は1脚1脚手編みで製作しています。そのため1ヶ月で仕上げられる脚数には限度があります。だいたい10脚前後を製作するのが限界です。大量生産することができません。また早く作ることを重視して品質を落とすことはできません。1脚1脚丁寧に編み作業を行っています。さらに材料コストの上昇等を原因とするコストアップによる商品価格を極力押さえるために、輸送コストの効率化に取り組んでいます。そのため1コンテナに積載できる約20セット分が仕上がってからの出荷となりますので、2ヶ月単位での入荷となっておりますことをご理解ください。

 今回6月初旬に入荷してきた20脚は、入荷前までに全て予約注文が入りました。そのため即日在庫切れとなり、現在次の生産をスタートしました。

 ところがここで一つ問題が発生しました。
 品質の良い籐材量の入手が困難になっているのです。
籐の芯材を使った商品でありますハンギングチェアーをはじめ、老舗旅館向けの脱衣かごに使う高級品材料の入手が難しくなっております。

 今まで籐材の現地であるインドネシアにて籐の選別が行なわれていました。品質の良いものは当然高値となり、一流の本物の家具に使用されています。品質レベルの下位の籐材は価格も下がりますので、通販やアウトレット家具で販売されている安価な籐家具に使用されています。ところがここ最近、籐材を仕入れる環境に変化が生じているらしいのです。良い材料も悪い材料も入り混じった状態で、選別しなくても籐材をある程度の価格で購入するケースが出てきたらしいのです。

 当然選別作業は面倒なことなので、選別しなくても材料を購入してくれるのならそちらに売ってしまうのは人として考えることです。私共のA級クラスの材料だけを買う姿勢に対して、材料を選別せずに買いあさる中国企業等に比べどうしても後回しにされてしまっています。そんな事情で、今まで「ハンギングチェアー」に使用されていた籐材の入手が困難になってきたのです。現在その対策を考えていますが、解決までには少々時間がかかりそうです。ここにも中国の強大な力が及んできているようです。

 現状としては、A級材を少しずつ買い集めていて、やっと約20セット分の材料の確保ができましたので、随時製作に取り掛かっております。そのため次回の「ハンギングチェアー」入荷予定は、約2ヵ月後の8月上旬の予定です。この時も約20脚前後の入荷となります。その間、日に日に予約注文が入ってきます。先着順に予約注文を受け付けておりますので、8月初旬の入荷時には今回と同様に全脚売り切れとなる場合が予想されます。大変ご迷惑をおかけいたしますが、よい家具を生産していくためには手間隙がかかりますことをご理解いただきますようお願いいたします。

 オリジナル「ハンギングチェアー」に使用している籐材は、上質の籐材のみを選別して使用しています。その違いは年数の経過とともに顕著に現れます。年数が経過すればするほど、使用すればするほど籐材がビロードのようなアメ色に変化していきます。このことが安価な「ハンギングチェアー」とは違うんです。

ここで一つご忠告。
一日も早く「ハンギングチェアー」が欲しいからといって、よく似た安価な商品は絶対に購入なさらないことをお勧めします。デザイン的に模倣した「ハンギングチェアー」は専用スタンド付のセットで、3万~10万程度でご購入できます。デザインは模倣していますのでしばらくは満足されるかもしれません。ところが家具は耐久消費財です。3年、5年、10年と年数が経過するごとにその違いが歴然となってきます。3万前後の安価なものですと3年~5年前後で修理が必要となることでしょう。籐材の材質が違うことと、編み方が違います。その違いがよくでるのがこの「ハンギングチェアー」ではないかと思います。

本物の「ハンギングチェアー」は美しい編み目です。
それを見極める家具選びの【 選択眼 】を持ちましょう。

くれぐれも「安物買いの銭うしない」にならないようにお気をつけください。

「ハンギングチェアー」入荷状況に関する専用ページを作成しましたので、そちらで随時入荷状況をお知らせいたしております。ぜひご確認ください。

    

Comments

Leave a Reply