以前、吊り扉方式の下駄箱修理でご紹介した記事をご覧になられて、どうやら同じ部品が壊れたとのご相談があった。

以前の修理記事は「下駄箱修理」をご覧下さい。

この部品はプラスチック製で、先に下駄箱の天板下にあるレールに先に入れてから、吊り扉の木口にあけられてある穴に金具を差し入れてビスで止めて固定するものです。そしてレールに引っかかっている部品の羽根部分が磨耗するとポキッと折れて扉が落ちてしまいます。でも同じ部品さえ入手できれば女性でも簡単に取替えができる部品なんです。詳しい内容は「下駄箱修理」記事をご覧下さい。

大きさが「大」と「小」の2種類あります。
今回は「小」サイズの大きさをご紹介するので、ご自宅の部品と比べてみてください。

全体の形はこんな形です。

安田屋家具店で取り扱っていた商品としては「ミランコーポレーション」の下駄箱に使用されていました。この「ミラン」は岐阜に工場がある家具メーカーなんですよ。

部品は1個、税個・送料込みで600円です(2016年3月1日より値上げしました)。
同じ部品を使用されていて、破損してしまった場合は、安田屋家具店にご相談下さい。まだ在庫はございますのでご遠方でもお送りさせていただきます。送料込み価格なので、北海道・沖縄・離島の方にもお得な価格となっています。

お買い求めは安田屋家具店ネットショップ「BASE SHOP」でどうぞ。

羽根付きタイプはコチラ baseロゴjpg

羽無しタイプはコチラ  baseロゴjpg

12月 1, 2012 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

12月に入ってめっきり寒くなりましたね。
さぁ、12月といえば、安田屋家具店の年に1回だけ開催する特別展
「伝統・匠の芸術逸品展~ペルシャ・トルコ美術絨毯特別展」がいよいよ今週末の12月7日(金曜日)から10日(月曜日)の4日間開催されます。

今回は「スペシャルモダンラグフェア」として、例年よりも多くの遊牧民の手織絨毯であるギャベ絨毯を会場いっぱいに取り揃えました。

「ギャベ」といっても、ちまたに多く出回っている一般的な「ギャベ」とは違い、品質・アート性に優れ、より洗練された新感覚のギャベをご紹介します。

この記事の続きを読む »

12月 3, 2012 · Posted in 伝統・匠の芸術逸品展  
    

いよいよ今週末の12月7日(金曜日)から開催します、年に一度の安田屋家具店ビッグイベント「伝統匠の芸術逸品展」にて例年よりも多くの民族手織絨毯をご用意いたしました。

遊牧民が織る「ギャベ」「キルム」はもちろんのこと、日本に紹介されてまだ間もないアフガニスタン「ガズニ」ラグ絨毯。さらには少数民族たちが織り上げる伝統の幾何学模様が特徴の「ノーマデイック」。すべて一点もの!! 当日の会場ではこれらの絨毯が200枚以上ご覧いただくことができます。素敵な一枚と出会ってください。

【ギャベ】
今ではすっかりとその名を誰でも知っている「ギャベ」は遊牧民の生活の中から生まれた、もっとも素朴な絨毯です。天然染料が魅せる豊かな表情はインテリアのみならず、お使いになるみなさまも明るくする絨毯です。

大きさやデザインなど、バリエーションも豊富。様々なシチュエーションで「ギャベ」のある暮らしをお楽しみください。たとえばこんなインテリア・・・・、

「伝統・匠の芸術逸品展~ペルシャ・トルコ美術絨毯特別展」
——————————————————–
開催日/12月7日(金曜日)~12月10日(月曜日)まで
午前10時~午後7時

会 場/ 安田屋家具店北館1階・2階
岐阜市美殿町17
Tel/058-262-0248
——————————————————–

12月 4, 2012 · Posted in 伝統・匠の芸術逸品展  
    

いよいよ今週末の12月7日(金曜日)から開催します、年に一度の安田屋家具店ビッグイベント「伝統匠の芸術逸品展」にて例年よりも多くの民族手織絨毯をご用意いたしました。今回ご紹介するのは「ガズニラグ」聞きなれない名前でしょ!! それもそのはず。日本に紹介されてまだ間もないアフガニスタンの民族絨毯なんです。

【ガズニラグ】
標高1500mの厳しい自然で育った山岳羊の羊毛を使っているため、とにかく丈夫なガズニラグ。独特の渋い草木染色は、モダンなインテリアにとってもよく似合います。イームズチェアーや、エリザベスチェアーなどの椅子との組合せは最高です。一般的によく知られ、数多く出回っている「ギャベ」とはちょっと違う「ガズニラグ」をぜひ会場にてご覧ください。

豊かな風合いとモダンなデザインが魅力の「ガズニラグ」を円高差益還元価格にて今回特別にご提供いたします。その価格はぜひ会場でお確かめください。

たとえばこんな敷きかた・・・・・、
テレビを見ながらごろごろと

流行のお家カフェみたいなインテリア空間
洋風、和風デザインの玄関に・・・、
キッチンマットにも、
車の座席にも・・・、
暖炉の前にはピッタリです。

さらにさらにタペストリーにして壁飾りに・・・、
ベッドサイドを華やかに演出
洗面所も楽しく演出します。

「伝統・匠の芸術逸品展~ペルシャ・トルコ美術絨毯特別展」
——————————————————–
開催日/12月7日(金曜日)~12月10日(月曜日)まで
    午前10時~午後7時

会 場/ 安田屋家具店北館1階・2階
    岐阜市美殿町17
     Tel/058-262-0248
——————————————————–

12月 5, 2012 · Posted in 伝統・匠の芸術逸品展  
    

明日、12月7日金曜日から安田屋家具店 北館で開催する「伝統匠の芸術逸品展~ペルシャ・トルコ美術絨毯特別展」の会場準備を行なっていた。商品を片付けていた時にそれはおきた。

長さ160センチ、幅100センチのダイニングテーブル天板を四代目が一人で運ぼうと持ち上げ、移動を始めた時に一瞬天板がグラッとした。いやーな予感はしたものの、そのまま運ぼうと天板をさらに持ち上げた瞬間・・・・・、なんとバランスを崩し、天板が前方に倒れかけた。

倒れる方向には、先日ネットショップに掲載したばかりの「花台」と「こたつ」「テレビボード」の3点があるのが見えた。これはやばいと思った四代目は、すかさず天板を支えたが、倒れる勢いは止まらず、バタ~ンと前方に倒れてしまった。

倒れる瞬間、「花台」「こたつ」「テレビボード」にぶつからないように倒れる方向を変えたのだが・・・・・、ダメだった。天板が倒れると同時に、「花台」が吹っ飛ぶのを見た。

この記事の続きを読む »

12月 6, 2012 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

次ページへ »