昨年11月に菅原文太兄ぃが逝き、また一つ昭和が消えたと感じていたところなのに、安田屋家具店が立地する美殿町商店街界隈でも、昨年末に次々と名店が廃業してしまった。寂しい限りです。昭和がどんどん遠ざかっていきます。

名店の一つ、岐阜市内の老舗古本店「我楽多書房(がらくたしょぼ)」も12月21日に閉店・廃業してしまった。1964年開業、四代目4歳の時です。あれから50年。岐阜新聞の一面でも大きく取り上げられていた。詳しくは「知の宝庫、愛され半世紀 岐阜市・我楽多書房21日閉店 2014/12/12」をご覧ください。

s-IMG_2576

この「我楽多書房」は四代目にはホント思い出の古本屋さんです。このビルの2階の狭い場所に天井から床まで所狭しと古本があった。小学生高学年から中学生時代まで、マンガの単行本の古本を買いによく訪れました。ここで一番好きな望月三起也氏の「ワイルド7」を知った。

「我楽多書房」ではマンガの単行本のセット販売も多くあったので、「ワイルド7」は1巻から20巻までを中学生のなけなしのお小遣いをはたいて買ったことが懐かしい。買うまでに何日も迷っていたっけな。

他にも小沢さとる氏の「サブマリン707」や千葉てつや氏の「紫電改のタカ」もワクワク、ドキドキしながら買ったもんです。ほぼ毎日通っていた古本屋でした。

s-IMG_2579

また2階に上がる階段の壁に貼ってある張り紙がおもしろかった。「転ばぬ先のチェーン」「狭くて険しいインテリへの階段」「立ち読み歓迎、万引きお断り」。四代目が今でも印象的に覚えているのが「配達は向こう三件両隣まで」の向こう三件両隣という言葉です。四代目にとっては、この文字=「我楽多書房」なんです。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
2月 2, 2015 · Posted in 四代目のつぶやき