TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

柳ヶ瀬お化け屋敷物語

いよいよ7月13日 金曜日に開門することとなった「山口敏太郎プロデュース 岐阜 柳ヶ瀬お化け屋敷」の物語が今、解き明かされます。

平成24年、岐阜柳ヶ瀬で「柳男(やなお)」という男の子が突然失踪するという事件が発生しました。街中、蜂の巣をつついたような大騒ぎで、様々な噂が流されています。その噂話の一つに奇妙なものがありました。

「ある”女”に、昭和時代の柳ヶ瀬に連れ去られた・・」

そこで、勇気あって、優しい方にお願いがあるのです。
“長良川の秘密の場所から出航する「時空を超える鵜飼舟」に乗ってタイムトラベルし、昭和の柳ヶ瀬に迷い込んだ「やなお」を探し出して欲しいのです”

昭和、柳ヶ瀬・・・・。
やはり、あの”女”の仕業なのでしょうか。
皆さん、お願いです!
「柳男(やなお)」を助けてください。
あの明るく元気な「柳男(やなお)」を連れ戻してください。
タイムトラベルした貴方にはきっと、身も凍るような体験や耐えられないような恐怖が待っていることでしょう。でも、勇気を出してください。決して目をそむけることなく進み、

可哀想な「柳男(やなお)」を助け出してあげてください。

恐怖の細道を通り抜けて・・・・。

作家「山口 敏太郎」より

岐阜 柳ヶ瀬お化け屋敷
■岐阜市柳ヶ瀬通り1-2 旧 豊富座1階
■7月13日金曜日~9月23日まで
■11:00~20:00 (カフェは21:00まで営業)

■大人 当日600円、前売500円
■子供 当日券のみ200円(中学生以下)

■主催/「やながもん」柳ヶ瀬お化け屋敷製作委員会
■問合せ 058-262-0059

■協力/山口敏太郎タートルカンパニー

6月 29, 2012 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply