TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

元旦は寝正月で充電

1月6日より美殿町の実店舗「安田屋家具店」は2013年、平成25年の営業を開始させていただきました。本年もご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

さて四代目のお正月休みは、ずずっーと寝正月をさせていただきました。お正月休み中、買い込んだ「たこ焼き、ピザ、フライドポテト、チキンナゲット」をつまみに缶ビール(キリンクラッシックラガー)を飲んでは寝て、飲んでは寝てとのんびりゆったりと鋭気を養い、厳しくなる予感の2013年、平成25年を乗り切るために充電をたっぷりと行なっておりました。

元旦は、氏神様である「金神社」に初詣、続いて毎年恒例の「伊奈波神社」「樫森神社」へと初詣に行きました。

岐阜市で一番大きな神社である「伊奈波神社」は、新聞報道では昨年よりも1万人以上初詣客が増えたとありましたが、四代目としてはとしては年々初詣客数が減っているように感じましたが、どうなんでしょうかね。

「伊奈波神社」の入口にある「善光寺」におまいりです。ここでは毎年【福徳円満・商売繁昌】の種銭をもらいます。旧年の古い種銭をお賽銭とともにお返しして、新しい種銭をもらい、財布の中に入れるのが、四代目の元旦の恒例行事となっています。

「伊奈波神社」では、あまり並ぶこともなく、短時間で本殿にたどり着きお参りが終わり、本殿の高台から見ると、眼下には少ないと感じた初詣客の長い列がありました。消費税も上がるそうで、景気もいまいちよくない今の状況はまさに「苦しい時の神頼み」です。

初詣が終わり、帰りの道中、柳ヶ瀬の映画館で「ファーストデー」で入場料が一人1,000円の告知を見た。そこで四代目家にとってははじめての家族四人揃っての映画鑑賞となりました。作品は傑作『ロード・オブ・ザ・リング』に登場した“中つ国“を舞台に、ホビット族のビルボが魔法使いのガンダルフ、13人からなるドワーフの一団らと壮大な冒険に出る姿を描く「ホビットの思いがけない冒険」でした。普段の観客は数人の映画館ですが、元旦のこの日は客席の3分の2が埋まり大盛況です。

この作品、最近の映画によくある手法で、次回作に期待を持たせたエンディングで、なんか中途半端な感情になりました。なんでも三部作の物語で、一度見たら残りの2作品も見ないといけなくなるような、ある意味卑怯な手段です。映画はやっぱり1話ずつ完結で感動させないとと思う四代目です。

こうして四代目の元旦は過ぎていきました。

1月 6, 2013 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply