TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

よっ!! すずきやの若旦那

岐阜市内で21万部発行している情報誌「GIFUTO」の中の地元で頑張っている人を取り上げる「今月の岐阜人」に、おふとんのお店「すずきや」の若旦那が掲載されました。

若旦那曰く「今回は単独インタビューの形式で、こんなに大きく載せていただいてうれしかったですね。皆さんに「載ってたね」なんて言われますと、少し恥ずかしかったりもするのですが、ありがたいことです。 仕事も頑張っているのですが、今回はすずきやが立地する美殿町商店街の活性化に取り組んでいる事業についてでした。」

s-img007

すずきやの若旦那談
「美殿町が隣接する岐阜一番の繁華街(だった?)柳ケ瀬の衰退で、何とか柳ケ瀬に頼らずに、美殿町の特徴を出して興味を持ってもらい、商店街に足を運んでもらおうと様々な取り組みをしています。

PRツールの美殿町マップ、年3回のPRイベント「美殿町春祭~キモノマーケットと懐かしい国産車の集い~」、「美殿町ガス灯夏祭」、「美殿町秋祭~キモノマーケット~」、そして10月の「みとのまちハロウィン」などなど他の商店街と差別化したPRを継続しているのですが、今回新たに空きビルに若いクリエーターさんをテナントとして誘致する取り組みを行いました。

かねてから美殿町も後継者難に見舞われ、この先を見たら若い人材がいません。そして美殿町は創業100年程の老舗が多く、いいモノ、ほんモノを取り扱うお店が並んでいます。その美殿町の持つ特徴に合わせ、「まちでつくるビル」と名付けて若いクリエータさんにルームシェアのようにオフィスシェアすることで値ごろな家賃になるように工夫しました。 もう既に8件のクリエーターさんが仕事を開始しています。入居者同士がルームメイトのように、話したり仕事を紹介し合ったり、会合をしたりと、新しい感覚のテナントビルになっています。

美殿町商店街と共に、これからも取り組んでいきたいと思います。現在、1階がまだ商談中でオープンしていませんので、ビルの存在がまだハッキリお目見えしていない状態に見えますが、オープンと同時に一気に紹介していきたいと思っています。」

四代目といつも一緒に美殿町の活性化のために、時間と労力と知恵を使っている同士なので、安田屋家具店ホームページでもご紹介させていただきました。これからもガンバロウゼ!!

7月 27, 2013 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply