TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

板座の割れ修理

ダイニングの椅子2脚(木のまま):腰かける部分が割れてしまいました。直していただけるでしょうか?見積とどのような梱包で送ったらいいのか教えてください。よろしくお願いいたします。

s-IMG_9536 s-IMG_9537

s-IMG_9538

s-IMG_9539

安田屋家具店からの返信
食堂椅子の板座面の割れの際接着ご修理はできますのでご安心下さい。ただ現在の破損状態が不明なので確実なご返事ができません。板座が割れた場合、通常ですと、板座のつなぎ目部分で割れる場合が多いです。その場合割れた木口の断面がツルンときれいなことが多いです。強力な接着剤を使用して固定治具で圧着します。

DVC00015 DVC00016

その後、座面裏側に 補強の板を取付けます。

s-IMG_9711

修理金額は1脚税込4,000円~6,000円程度ではないかと思います。修理状況によって価格の差があります。往復の運賃は別途必要となります。

椅子を当店まで発送される場合は、一般ご家庭ですとダンボールなどの梱包材がないかと思いますので、ヤマト運輸の「らくらく家財宅急便」をご利用になられると、通常の宅配金額よりも高くはなりますが梱包しないで発送ができます。通常の佐川急便などを使用される場合は、椅子が入る段ボール箱に入れて発送する方法となります。

お客様よりご返信
メールありがとうございました。 梱包など面倒だし運賃もかかるのでメールでお尋ねしたものの躊躇して都内の修理業者に依頼しました。修理可能ということで早速とりにきてくれました。アドバイスありがとうございました。ご報告まで

ちなみに上記でご紹介した板座が割れた飛騨産業の椅子ですが、次のように修理が完了しています。

s-IMG_9709 s-IMG_9713

座面裏側に取り付けた補強板は目立っていません。この補強板を取り付けることによって一度剥がれてしまった板座の接合部分の強度が増し、耐久性も格段にアップするのです。製作元の「飛騨産業」での修理も、安田屋家具店と同様に板座面裏側に補強板を取り付けて仕上げています。

s-IMG_9710

s-IMG_9712

1月 20, 2014 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply