TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

満開の桜

安田屋家具店が立地する岐阜市はもとより、その近郊でも桜が満開を迎えています。

DVC00015

次女の春休みと四代目の久しぶりの木曜日定休が合致したので、お花見をしに行くことにしました。 薄墨桜はまだ5分咲きの時期で満開ではないだろうと思い、各務原市の新境川堤に行こうかと思ったのですが、ちょうど今朝の朝刊に大垣市の水門川で、満開の桜を見ながらの舟下りが開催されている記事が掲載されていたので、大垣市の「奥の細道むすびの地記念館」近くに行くことにした。

お昼ごはん用のサンドイッチを金蝶堂で購入していざ出発。

安田屋家具店から所要時間40分で目的地周辺に到着。「奥の細道むすびの地記念館」付近には、人、人、人。満開の桜を見に来た観光客であふれかえっていました。駐車場はどこかしこも満車。10分ほどグルグルと駐車場を探したのですが、近くでは見つけられないと思い、大垣城近くの駐車場に止めたのでした。 駐車場からは歩いて5分ほどの所に水門川の桜が見えてきました。

DVC00018

そこから満開の桜を見ながら川岸を下り歩いて、「奥の細道むすびの地記念館」にたどり着きました。水門川両岸には満開の桜がずらずらっと並んでいます。本当に美しかったです。次女も今年中学2年生に進級です。健やかに成長してくれていることに感謝です。

DVC00019 コピー

DVC00016 コピー

満開の桜を見ていると、竹内まりやの「人生の扉」を思わず口ずさんでしまいますね。♪♪

春が来るたび一つずつ歳をとり、気がついたら54歳になっていました。満開の桜をこの先あと何回見ることができるのか。四代目54歳、次女14歳の桜満開の春の一こまでした。

DVC00020 DVC00023

4月 4, 2014 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

One Response to “満開の桜”

  1. […] 門川のサクラを見に次女と二人で出かけたのでした。詳しくは「満開の桜」をご覧ください。 […]

Leave a Reply