TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

2種類ある吊扉部品

安田屋家具店にて数多くの下駄箱を粗大ゴミになることを阻止するのに役立っている「下駄箱 吊扉用プラスチック部品」ですが、この部品には2種類のタイプがあります。

s-IMG_7001 s-IMG_0079

写真左側の部品頭部の左右に出っ張りのある「羽ありタイプ」。そして部品頭部に出っ張りが無い「羽なしタイプ」。今回、安田屋家具店に届いたお問い合わせ内容は、写真右側の「羽なしタイプ」のことだと四代目は思ったのでした。

ホームページを見てご連絡させていただきました。
下駄箱のプラスチック吊具が破損しました。御社様でお持ちの部品とは若干サイズが異なるようで、ねじを差し込むところの長さが15㎜(直径は同じです)、T字の箇所が5㎜×8㎜となっています。他の箇所はほぼ同じなのですが、御社様のお持ちの製品で使用することはできますでしょうか?また、使用できない場合どのような対処方法がございますでしょうか?

安田屋家具店からの返信
ネジを差込む箇所のサイズは20ミリのタイプしかありませんが、部品頭部のサイズが約5㎜×8㎜となっているタイプは、恐らく羽なしタイプではないかと思います。ネジを差込む部分が5㎜ほど短い場合は、ドリルを使用して、扉の穴を現在よりも5㎜ほど深く掘る必要があるかもしれません。部品の違いの写真を添付しましたので比較してください。

まずは羽ありタイプ

s-IMG_6983 コピー s-IMG_6980 コピー

s-IMG_6999

次は羽なしタイプです。

s-IMG_0076 s-IMG_0078

s-IMG_0082

なお、「羽なしタイプ」部品を取り替える場合は、一度家具に取付いているレールを取外してから部品を差込み、再度レールを家具に取付けなおす必要があります。レールを取り外すときは、釘やホッチキスの針のようなものでレールが止めてあるかと思いますので、その釘などを外してからレールを取外してください。これを行わないで無理にレールを取外そうとするとレールが曲がったり折れたりと破損する場合がありますのでご注意ください。

部品は1個税込・送料込み600円です。
送料込みなので、北海道・沖縄、離島の方も送料を気にしないでお買い求めいただけます。お買い求めは365日24時間いつでもご注文いただける安田屋家具店オンラインショップをご利用ください。

羽根付きタイプ

羽なしタイプ

7月 2, 2014 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply