TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

零細会社の社長奮闘

零細会社の社長は、経費節減のために何でもこなさなければならないので大変です。

3月には、零細といえども安田屋家具店も株式会社なので、2年に一度の役員変更登記を法務局に提出しなければなりません。いろいろと調べたり、過去の提出用紙を参考にしたり、法務局で事前にチェックしてもらったりして、登記申請終えるまでに数日を費やしました。でも行政書士に依頼すれば3万円ほどの出費となるので、経費削減のために必死です。

そして今回は社会保険と労働保険の年度更新です。
毎年7月10日前後までに書類を提出しなければなりません。以前は社会保険労務士に依頼していたのですが、申請者の人数が減ったため、こちらも経費削減のために2年ほど前から四代目が行うようになりました。

とはいえ、申請の仕方や、内容などについては勉強不足だったので、いろんな関連本の中から四代目が選んだのは、吉田 秀子著「最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本」(ソーテック出版)です。この本はamzonでお買い求めできます。

s-IMG_0962

本を読みつつ、去年と給与などにおいて変更点はないはずなので、去年提出した書類と同じ書き方で良いだろうと思って、ついつい作業を後回しにしていたら、提出締切日が近づいてきてしまった。

パパッと書き終えるだろうと思っていたら・・・・、なんとスタッフの一人が高年齢者に係る保険料免除対象者の昭和25年4月1日以前に生まれていることに気がつく。うっうっうっ・・・、提出書類の書き方が去年と違うのかぁー!!、あせる四代目。

s-IMG_0960

「最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本」を何度も何度も読みつつ、ネットで調べたり、書類と同封されていた「年度更新申告書の書き方」を何度も読み返したりする四代目です。

s-IMG_0961

悪戦苦闘すること4日。 なんとか書類を仕上げ、締切日ぎりぎりに労働保険事務所に提出し終えるのでした。仕事そっちのけでの作業でしたが、社会保険労務士への依頼費の経費削減にはつながったことと信じる四代目でした。

s-IMG_0963

この作業は毎年行わなければならないと思うと気が重くなります。四代目も間もなく五十路の半ばに突入。いつまで頭が冴えているかわからないのがちょっと不安です。

8月 7, 2014 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply