TOPページ »家具リフォーム・修理 » 桐たんす洗濯 » この記事

桐たんすの洗濯へのご返信

お客様から70年前の祖母様のご婚礼家具である桐たんすの洗濯についての問い合わせをご紹介しましたが、そのご返信です。

安田屋家具店からの返信
写真を見ました。一般的なお嫁入り道具の一つである桐たんすです。桐たんすの種類としては、前面と左右側板に桐無垢板を使用し、その他の部分である棚板や背板、引出しの前板以外に杉材を使用した「三方桐たんす」です。

IMG_9065

昔は腕の立つ桐職人のみが総桐のタンスを作り、見習職人は練習用に三方桐をつくりました。そういう訳で、練習用の三方桐の方が圧倒的に世に出回る数は多かったのです。そんな桐タンスでも昔は給料の3か月分位する高価な家具です。数多く桐たんす洗濯を手掛けている安田屋家具店でも、総桐たんすに出会うことはめったにありません。

祖母様がヘビースモーカーが原因で黒くなったのではありません。長年の使用でたんす表面のトノ粉が全て取れてしまい、桐のあくなどが表面に出てこげ茶色に変色したのです。タバコを吸う吸わないに関係なくどのご家庭でもこげ茶色に変色しますのであしからず・・・。他のお客様の桐たんすもこげ茶色に変色しています。もちろんヘビースモーカーのお客様ではありませんでした。

洗濯前

洗濯修理方法ですが、まず金具を全て取り外し、お湯で桐表面の汚れを洗い落とします。次に木部を充分に乾燥させた後、さらに鉋で表面を削り、内部はペーパーをかけます。次に木部の割れや破損部分を補修します。その後、桐たんす砥の粉仕上げといって、表面を削った後に、砥の粉とヤシャブシというカバノキ科の木の実を煎じた汁を合わせたものを塗り、最後に金具を取り付けて仕上げます。

木部の補修部分は現物を見ないとわからない部分があります。一般的に多い木部補修として背板の割れ、引き出し底板の割れなどは、埋め木をして補修します。引出しの板が欠損した部分は新しい材料で作り直します。

黒いしみに関しては、木部を染色しているので現在よりも薄い色になりますが、完全に除去できないのでしみは残りますことをご了承ください。

棚板の欠如した節穴ですが、このままの状態でも問題ないので、埋め木が可能であれば埋め木補修をしますが、穴が大きくてできない場合はこのままの状態となります。

金具はすでに錆びておりますので、全部揃っていればさびを落としブロンズ色に塗装仕上げを行い取り付けます。新しい金具に取り替えることもできますが、想い出の品であれば現在の金具をそのまま使用することをお勧めします。尚、鍵に関しては現在のものを使用します。

ふすまに関しては取り替える必要があります。ふすまの場合は現在は桐たんすの需要低迷で普及品としては2種類しかありませんのでどちらかをお選びいただきます。桐板戸に取り替えるか、または桐板戸に取り替えます。下台・中台のみの洗濯であればふすまは関係なくなります。

K様宅に少なくとも70年ほど前、20歳代のうるわしき乙女の頃に嫁がれた祖母様のたんすであり、骨董的価値はありませんが、ヨーロッパのようにその家の想い出と歴史的には十分価値があります。また当時は近隣の山の材料でたんすを作りましたので、現在のような輸入材は使用していません。洗濯をすれば新品同様にリフォームでき、またたんすとしても十分使用できます。洗濯する価値はあるものと思います。ちなみに下の写真は、洗濯前と洗濯後の同じたんすの写真です。新品に生まれ変わったことがわかるかと思います。

洗濯前 洗濯後

設置場所がエアコンの風が当たりっぱなしになることはたんすにとってよくありませんので、お考えの通り、下台と中台のみを洗濯されることをお勧めします。ただし中台の上面は節のある杉材のままとなりますので、桐板で天板を製作して取り付けられることをお勧めします。ただし天板を取り付けてしまうと、将来的に上台を積み重ねられ無いようになりますのでご注意ください。

置き場所が別にあれば上台はローボードとしての使用も考えられます。

上台

名古屋からお預かりし、洗濯後に多治見にお届けは当店で行います。洗濯修理費用ですが、たんす全部(上台・中台・下台)を洗濯した場合は、税込140,000円~160,000円となります。運賃は別途必要です。

中台と下台のみの場合は、中台の天面に桐板で天板を作成・取付を含めて、税込110,000円~130,000円となります。運賃は別途必要です。

実際にたんすの状態を見ていないため、木部の補修がどの程度手間がかかるかわからない部分がありますので、少々幅のある修理費用となります。最終的な修理金額は、たんすお預かり後に再度ご提案いたしますので、ご安心ください。

洗濯をしてみようかとお考えになられた後の作業工程は、祖母様宅から桐たんすをお預かりにお伺いします。持ち帰ったたんすを職人工房に運び、最終修理金額を算定します。最終金額をご連絡して、OKであれば作業に取り掛かります。予算的に見合わせる場合は、元の場所に戻します。廃棄される場合は別途処分費をご入金いただき当店にて廃棄します。

修理期間は天候にも左右されますのでおよそ1ヶ月前後です。修理完了後はご指定の場所にお届けします。ぜひご検討ください。

11月 6, 2014 · Posted in 桐たんす洗濯  
    

Comments

Leave a Reply