TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

簡単な丁番取付方法を伝授

現在家具丁番金具として主流となっている「スライド丁番金具」の取替修理がありましたので、この機会に女性でもできる、一人でできる、簡単なスライド丁番金具取替方法を伝授いたします。

s-IMG_1871

今回ご修理したのは、3枚扉の洋服たんすです。婚礼家具がなくなった現在、このような洋服たんすはなくなってしまいましたね。扉もたんすの作りも、材質も今では考えられないちゃんとしいいものを使用して作られた家具です。

s-IMG_1869

一番左側の片扉のスライド丁番金具が破損していました。

s-IMG_1858

家具本体側に取り付ける受け金具が金属疲労でポキッと折れてしまっています。これでは扉を支えることはできません。

s-IMG_1873

s-IMG_1872

扉一枚に4個のスライド丁番金具が取り付けてあります。安価な家具だと3個しかスライド丁番金具がついていません。4個ついているのはちゃんとした家具である証です。

とはいうものの、スライド丁番金具にもいろんな価格があります。同じサイズ、仕組みであっても、安いものは1個100円前後です。婚礼家具に使用しているスライド丁番金具は1個2千円~5千円前後のものを使用していました。価格の違いは耐久性の違いにちゃんと現れます。婚礼家具に使用しているスライド丁番金具は、20年、30年使用しても何の変化もなく、新品時と同じスムーズな動きをしています。

一方安価なスライド丁番金具は、扉の重さに耐えられず、5年~10年ほどで1個破損し、2個破損し・・・・と次々と金具が破損して、最後には扉が落ちてしまいます。そして安田屋家具店のような家具屋さんに修理問い合わせが入るというわけです。

さて話が脱線して長くなりそうなので、肝心な「簡単なスライド丁番金具取替方法」については、明日ご説明します。

11月 22, 2014 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply