TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

KSS刻印の金具

先日のGY刻印の金具に引き続き、今回は「KSS刻印」の金具のご相談として岡崎市の仏壇店さんからメールが届いた。

先日、お客様の仏壇の仕事で伺いました。20以上前の食器棚のアングル蝶番が壊れたので修理してほしいと依頼されました。金具の刻印は、20-15です。扉側に彫られている穴の直径は、35㎜でした。この金具を2個注文をしたいのでよろしくお願いします。

P1000589

P1000588

安田屋家具店からの返信
破損金具の写真を見ました。 破損した金具と同じ「KSS」刻印の金具は工場が廃業したため残念ながら現存していません。他工場の同じ20-15サイズは在庫がございますので代替できますのでご安心ください。金具の色がこげ茶色となりますのでご了承ください。金具のサイズをご確認ください。金具は1個税込み450円です。送料が別途必要となります。

20-15-1

20-15-2 コピー

この「KSS刻印」の金具を製造していたのは、大阪に工場があった「木村新」(キムラシン)という会社でした。家具業界では超有名な金具工場でしたが、時代の波に流されて廃業してしまいました。今でもかなり多くの「KSS刻印」金具が破損したとのご相談がありますので、工場全盛時代には多くの家具に使用されていたんでしょうね。

4月 28, 2015 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply