TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

DC COLDEA 蝶番金具破損

初めてメールさせて頂きました神奈川県相模原市のMと申します。37年~38年前に、妻が嫁入り道具として持参した戸棚の蝶番がこわれ、だましだまし使っていましたが、限界のようです。記念の戸棚なので何とか修理したいと思います。

コルディア1 コルディア2

何処かに同じものがないかと探していましたら、安田屋家具店の情報にをみつけました。記事のなかで現物をお送りして確認頂いた方の記事もみました。もしかしたら同じ蝶番があるのではと思いメールさせて頂きました。

コルディア3 コルディア4

現物を外してお送りしようと思いましたが、写真で判断頂ければと思い添付させて頂きますので宜しくお願いいたします。 全部で6個使用していますが、開閉の多い右の分、3個が、ダメになっています。写真ですと画像サイズが大きくなるので、PDFにしてお送りしました。

安田屋家具店からの返信
破損金具の写真を見ました。大進工業という家具工場が製作した家具に使用していた「DC COLDEA」刻印のアングル丁番金具です。

残念ながら工場はすでに廃業しているため同じ金具は現存していません。当店によく現物が送られてくる金具の一つです。 代替金具はございますのでご安心ください。お送りいただいた写真では、もっとも重要な金具サイズ部分のサイズが不明なので、添付した資料のAとBのサイズを計測してご返信ください。

hinge size

(A) 扉側にはめ込む円形部分の上部からまっすぐ下にある接合ピンの中心までのサイズ

(B)家具本体側に取り付ける十文字部分の上部からまっすぐ下の折れ曲がった部分までのサイズ

恐らくAは24mm、Bは20mmではないかと思います。サイズを測ってご連絡いただければ折り返し代替金具についてご案内いたします。ご連絡お待ちしています。

7月 19, 2015 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply