TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

リクライニングチェアー底抜け

メールにて失礼いたします。リクライニングチェアに座っていたところ、突然、チェアの底が抜けてしまいました。修理は可能なものでしょうか。可能であれば見積を頂きたいのですが、よろしくお願いします。

リクライニング2 リクライニング1

安田屋家具店からの返信
写真が小さいので詳細に確認できませんでしたが、座面が抜けたということであれば、座クッション内部のゴム製のテープが切れたものと思います。

パイプフレームを使用したリクライニングチェアーだと思いますので、過去の事例でいけば、修理は難しいと思います。修理はできますが、内部のゴムバンドを張りかえる場合、ゴムバンドを輪っかにした物を作り、座面のパイプに井桁状にタテ・ヨコにはめいれる必要があります。

そのためには一度座面の革を取り外す必要があります。取外した革がそのまま使用できればよいのですが、再使用できない場合は張替となってしまいますので、さらに修理費用が高価となってしまいます。

恐らく、座面内部のゴムバンドを張りかえる修理費用は新しく買い換える価格と大きな違いは出ないと思いますので、価格的に考えても修理はお勧めできません。正式な修理金額は写真からでは算出できませんが、過去の事例ですと、取外した革がそのまま使用できた状態で、最低でも7万円ほどかかります。さらに往復の運賃が必要となります。

K様からの返信
早速のご返事ありがとうございます。承知しました。7万円位の修理費が掛かるのであれば、買い換えを検討いたします。

さすが老舗の家具屋さんですね。写真だけで判断出来るとは関心しました。ありがとうございました。今後、機会がありましたら利用させて頂きます。

8月 18, 2015 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply