TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

返答 GY刻印丁番金具サイズ

大阪市のI様より破損した「GY」刻印の16-15サイズの金具と、安田屋家具店が取扱っている「RABBIT」16-15サイズと、若干形状の違う部分や、ねじ穴の位置などのサイズが違うので、「GY」刻印の金具と同じねじ穴の位置の金具は無いかとのご質問がありました。

安田屋家具店からの返信
破損された「GY」刻印の金具は、工場が廃業したため残念ながら同じ金具は現存していません。ご連絡いただいた破損金具サイズを照らし合わせた結果、ネジ穴間隔等のサイズがよく似た金具はございます。

s-IMG_3770

K刻印の金具です。金具の色はゴールド色のみとなります。各サイズを計測してみました。

s-IMG_377011

まず本棚本体側の上下の離れたネジ間の距離、ねじ穴中心-ねじ穴中心の長さは30mm。本棚本体側外形長さは40mm。本棚本体側の中央ネジと上下ネジのねじ穴中央間隔は15mm。

扉側に取り付ける側の寸法は、上下ネジ穴中心と中央ネジ穴中心の間隔は12.5mm。上下ネジ穴中心間の距離は26mm。

s-IMG_37701

おそらくこの金具が一番ネジ穴間隔サイズが近いものだと思います。価格は税込み450円です。在庫はございますので直ぐに発送できます。

まったく同じ金具が現存しない場合は、多少のネジ穴位置の違いが生じます。今回のI様の場合はK刻印の金具であれば、破損した金具のネジ穴位置とほぼ同じ位置なので、現在のネジ穴にスムーズにネジが入っていき止りますので心配は無いと考えます。万が一ネジの効きが悪い場合は、ネジ穴に爪楊枝を2本程度差し込んでからネジを締めれば確実に効きます。

I様の金具は添付写真の金具で代替はできると考えます。心配な場合は安田屋家具店に破損金具をお送りいただければ詳細なサイズ確認します。ただ添付写真以外のサイズの金具は無いと考えます。

I様のご質問内容は「コチラ」をご覧ください。

11月 15, 2015 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

4 Responses to “返答 GY刻印丁番金具サイズ”

  1. 堀井 ルミon11月 21st, 2015 2:59 PM

    GY1615の金具の取り扱いはございますか?お返事お待ちしております。

  2. 四代目on11月 23rd, 2015 5:50 PM

    GY刻印の金具はすでに現存していませんので、在庫は残念ながらありません。ただし「16-15」サイズの代替金具がありますのでご安心下さい。金具は1個税込み450円です。送料は別途必要です。ご入用の際はご連絡下さい。すぐにお送りいたします。

  3. 斎藤美由子on9月 11th, 2016 6:35 AM

    食器棚のちょうばんが壊れてしまいました。カーマで相談し購入したのですが、
    ドアが閉まりません。
    やはり、同じ物でないとダメなのでしょうか?

    今まで使用していたものは、SALICE ITALY
    B316Z0の番号が付いています。
    同じ物がありますか?

  4. 四代目on9月 11th, 2016 7:11 PM

    破損家具の写真を確認しました。
    SALICE Italyと刻印されているとのことなので、恐らく輸入金具で、国内生産の金具ではないかと思います。そのため全く同じ金具の入手は無理です。

    ただし金具形状は、通常の「スライド丁番金具」なので、扉に空いている穴の直径が、40mm,35mm,26mmであれば国内生産の金具で代替えできます。

    穴の直径が異なる場合は、穴を彫り直せば代替え金具が使用できるものと思います。

    ただし家具本体側に取り付ける受け座金具の形状が変わります。そのため現在の金具が取り付けてあるネジ穴が使用できなく、新しい位置に金具を取り付けなければなりません。

    またどのタイプのスライド丁番金具を使用するか、取付方法についても専門的な知識と技術が必要になります。お客様自身での取替えは難しいので、そこはプロに任せた方が修理費用は安価で、確実に修理できるのでお勧めします。

    そのためには、ご自宅界隈の昔から続いている小規模な家具店、もしくは家具修理専門店にご相談され るとよろしいかと思います。

    スライド丁番金具に取り替える修理内容は、それほど難しいものではありませんので、当店でもよく行なう修理方法です。ただし今主流のインテリアショップでは修理不可能ですが、
    昔から続いている街の家具屋さんであれば、当然修理方法は知っておりますので、ご相談されれば修理できるものと思います。

    ご参考になれば幸いです。

Leave a Reply