TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

スライド蝶番破損について

船橋市のS様から
ホームページを拝見して問い合わせいたしました。
24年前に亡き父に買ってもらった婚礼タンスの蝶番が破損してしまいました。捨てるしかないと思っていましたがどうにか修理できないものかインターネットで検索するうちに安田屋家具店さんのページにたどり着き、どうにか修理出来ればとメールさせていただきました。できれば大事に使っていきたいタンスです。

IMG_9209 IMG_9211

片側扉に3個の蝶番で上下2つが折れています。よく見ても型番は見当たらず写真を添付させていただきます。お忙しいところ恐れ入ります。ご連絡お待ちしております。

IMG_9212

安田屋家具店からの返信
破損した金具の写真を確認しました。これとまったく同じ金具は、恐らく現存していないと思います。

ただご安心下さい。スライド丁番金具なので、代替金具はあります。どの金具を使用するかは、破損した金具の現物を見ないと判断できません。お手数をおかけいたしますが、破損していない金具(扉側の金具と家具本体側の金具の両方)を下記住所にお送りいただければ、現物を確認して、代替金具をお送りすることはできます。

ただ一つご確認いただきたいことがあります。
扉側にあいている穴の直径が35mmなのか、または違うサイズなのかをご連絡下さい。金具を取外せば扉側に穴が彫られているのがわかりますので、その直径サイズです。35mmであれば多数の代替金具があります。35mm以外だと種類が限定されますので重要なことです。

金具の取替作業についてのアドバイスです。
代替金具での取替の場合、家具本体側に取付ける部分のネジ穴位置が変わります。そのため扉を家具本体から取外してから、代替金具を取り付けた後に、扉を家具本体側に取付ける作業は専門的な知識と経験が必要なとても難しい作業となります。

一般の方、女性一人でも簡単に取替えられる方法をお教えいたします。まず現在使用されている金具で破損していない金具を他の扉から取外して集め、金具を取替えたい扉に金具を取付けます。そして扉を家具本体に取付けます。ネジ穴位置が同じなので簡単に扉を取り付けることができるはずです。

古い金具を使用していったん扉を家具本体に取付けた状態にしてから代替金具を1個ずつ取替えていきます。

まず一番下の金具を取外します。そして新しい代替金具を扉にあいている穴にはめ込み、2個所のネジ穴にネジを入れて固定します。その後、家具本体側の金具部分を側板に隙間が出ないように押し当てた状態で、ネジ穴にネジを入れて金具を取付けます。

同じ作業を真ん中の金具、最上部の金具と順番に行います。扉が家具に取付いたこの方法であれば、専門的な知識や経験がなくても誰でも簡単に金具取替修理ができます。

想い出が刻み込まれた家具なので、金具を取替えられればさらに何十年とご使用いただくことができます。ぜひ金具の取替修理を行われることをお勧めします。

1月 5, 2016 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply