TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

DC COLDEA食器戸棚丁番

横浜市戸塚区のA様より
お世話になります。
私ごとですが、勤務時代銀座の家具店で購入した食器棚の金具(蝶番)が突然破損し扉が脱落し困っております。インターネットで調べた所「安田屋家具店」さんで代用品を販売しているとの事でお問い合わ致しました。

s-mail.google.com

安田屋家具店からの返信
題名が「DC COLDEA金具」とありましたので、恐らくアングル丁番24-20サイズだと思います。サイズ間違いがあってはいけませんので、サイズを確認していただきたい箇所を明記した写真を添付しますのでご確認下さい。

24-20se3

扉側(写真A) 24mm、家具本体側(写真B) 20mm
金具は在庫がありますのでご安心下さい。

尚、お支払い方法に「コンビニ払い」とご指定がありました。「コンビニ払い」の場合、当店ネットショップ「BASE SHOP」が取扱っております。「BASE SHOP」商品ページからご注文いただき、ご入金が確認できましてからの発送となりますのでご了承下さい。

尚、代替金具はDC COLDEA金具と大きく違う形状が二つあります。ひとつは家具本体側に取り付ける形状です。

s-IMG_3596

DC COLDEAは十文字となっていて、後方に1本伸びている形状ですが、代替金具は後方への伸び代がなく、楕円形状となっています。後方への伸び代がない分、厳密に比較すると耐久性が低いかと思いますが耐久性にそれほど大きな違いはないと思います。

二つ目は扉側の形状です。
DC COLDEAの扉側部分の横が直線的になっていて、全体的にはロケット型となっています。代替金具は35mm直径の円形となっています。現在の扉に彫られている穴の長さよりも短くなっているので問題ないのですが、横幅がロケット型から円形になったため、全幅で1mmほど大きくなっています。

s-IMG_3600

そのため場合によっては現在の扉の穴の幅をヤスリ等で彫り広げる必要がある場合があります。金槌で金具を現在の穴に叩き入れれば入るかもしれません。実際に金具を穴に入れてみないとわかりませんが、場合によっては多少の穴のサイズを彫り広げる作業が必要になるかもしれませんことをご了承ください。

1月 25, 2016 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply