TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

椅子木枠に亀裂がある

岐阜市のN様より
はじめまして。
椅子の調子が悪く修理できるか、教えていただきたいです。本体の座面を支える木がひび割れています。その為だと思うのですが、ギシギシ音がして座っていると不安です。

椅子自体がヴィンテージで購入したもので古い物になりますが、とても気に入って購入した商品になりまして、4脚のうち一脚だけが調子が良くないです。どうにか直していただけないかと思います。もし写真ではわからないようでしたら、車で出向ける距離ですので、持参致します。どうかよろしくお願い致します。

image10

安田屋家具店からの返信
お送りいただいた写真では破損箇所がよく確認できませんでした。お手数ですが現物をご持参いただけば幸いです。朝10時~夜7時まで営業しております。尚、木曜日のみが定休日となりますのでご注意ください。

そして数日後に椅子をご持参いただいたので、心配されている破損箇所を確認してみた。椅子の右側のみ桟木の下に大きな亀裂のような箇所が見受けられた。

s-IMG_5351

s-IMG_5349

s-IMG_5350

先ずは座面を取外し。座面を載せる桟木を椅子フレームから取外してみた。すると・・・・・。

s-IMG_5354

s-IMG_5361

亀裂だと思っていた箇所は、実は以前に桟木を取り付けていたネジ穴であることがわかった。穴の下の直線的な傷は、緩んだネジの状態で座った時にネジと一緒に桟木が下にずり落ちた時についた傷だと考えられます。

s-IMG_5352

s-IMG_5362

恐らく以前の持ち主が、ネジ穴が大きくなり、ネジが効かなくなったために、桟木の取り付け位置を少し上にずらして取付け直したのだと思います。新しいネジ穴位置が以前の位置よりも上にあることからわかります。大きくなってしまったネジ穴を埋め木してから、再度同じ位置に桟木を取り付ければ問題なかったのになぁ。それにしても左右の桟木の位置が少し違ってきているので、座面が斜めに取り付いていることになります。幸いにも1㎝も違わないのであまり違って見えませんでした。

s-IMG_5353

ネジ穴が大きくなっただけなので、椅子が破損する心配はありませんね。

さて修理方法としては、新しいネジ穴位置に埋め木をしてネジが効くようにします。

s-IMG_5363 s-IMG_5364

そして桟木にボンドをつけて椅子本体に圧着させた後、ネジで固定します。これで桟木がずり落ちることはありません。また桟木が椅子枠に密着固定しますので座るとギシギシという音もでなくなります。

s-IMG_5365

お客様には亀裂のような傷ではなく、単なる古いネジ穴であることをお知らせし安心していただくために、修理前の写真資料を作成してお渡ししたのでした。今回の修理費用は税込み2,000円でした。

5月 25, 2016 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply