TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

丁番金具取付ネジ穴数について

先日お問い合わせがあったK刻印のアングル丁番金具20-15の代替金具をお送りした名古屋市のK様より、追加のお問い合わせがあった。

今回破損した金具の裏面には二つの異なった数字の刻印があった不思議な金具でした。扉側に取り付ける円形部分の裏側には「20-20」の刻印。そして家具本体側に取り付ける部分の裏側には「20-15」の刻印。

s-IMG_4478

恐らく生産中に扉側の裏側に間違った「20-20」の刻印をつけてしまったのでしょう。本来であれば不良品なのですが、サイズ的には「20-20」に使用することはできず、そのまま「20-15」に取り付けてしまったのでしょう。かなりいい加減な工場ですね。

現物を送っていただきサイズを確認したところ、破損した金具が「20-15」でした。この「20-15」の場合はさらにサイズを確認する箇所があります。それは扉の穴にはめいれる円形部分の長さです。計ってみると現在の金具の27mmタイプでした。

K刻印20-15サイズの金具は復刻して在庫があるのですが、円形部分を旧サイズの24mmで生産したため破損金具よりも円形部分が短くなっています。現在扉にあいている穴にははまりますが、耐久性にいささか疑問が残りますので、まったく同じサイズであるRABBIT製のアングル丁番金具「20-15」を代替金具としてお送りしたのでした。すると・・・、

名古屋市のK様より
今、蝶番届き、取り付けすることできました。きちんと、扉開け閉めできました。新しいものは、本箱本体の側面板の、全面側に取り付ける穴がありませんでした。

古い金具は、1つの蝶番に7つのネジで止めていましたが、新しい金具は6つです。(同封されていたネジは、14個ありました。)

s-IMG_08741

一つネジを止める箇所がなくなりましたが、扉の重さに耐えられるかなと?大丈夫でしょうか?

安田屋家具店からの返信
無事に金具取替えができ、扉の開閉に支障が無いとのことで何よりです。 お役に立てて光栄です。

今回お送りした金具は6箇所のネジ止めとなり、本体側板の木口(全面側) にネジ穴がありませんが、耐久性にはまったく問題ありませんので ご安心ください。 むしろこの側板に取り付けるネジ穴部分から破損した金具も見受けられ ますので、以前よりも耐久性があがっているものと思います。

どうぞ安心してご使用ください。

 

7月 5, 2016 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply