TOPページ »家具リフォーム・修理 » テーブル修理 » この記事

日進木工 伸長式テーブル修理

安田屋家具店が立地する岐阜市から車で1時間ほどにある愛知県春日井市のM様より、飛騨・高山に工場がある「日進木工」製の伸長式ダイニングテーブル修理のご相談があった。

そういえばいまでは「NISSIN」とローマ字表記になったんでしたね。

M様より
日進木工製伸張式テーブル DT-5003 を使用しています。

s-img_0590

天板の張り替えをお願いしたいので見積もりをお願いします。

s-img_0591

s-img_0592

安田屋家具店からの返信
現在の天板表面は「ナラ材木目」の突板張りとなっています。

表面の突板が割れたり、めくれて欠損しておりますので、現在のテーブル表面に新しい「ナラ材木目突板合板を貼って、 その後に現在と同色のウレタン塗装仕上を行います。

「ナラ材木目」突板合板とは、2.5mm厚の合板の上に天然目ナラ材木目の突板を貼った材料を使用します。そのため天板の厚みが2.5mm厚くなります。 また合板の厚みとなる木口が2.5mm見えることとなりますが、同色の塗装仕上を行いますので、見た目に違和感が生じることはありません。

「ナラ材木目」突板合板をテーブル天板表面全面に貼る方法(天板の端まで貼る)と、天板のフチ周材の厚み約10mmの手前まで貼る2通りの修理方法があります。

天板全面に貼る方法は、天板フチ周り材の厚み分が見えなくなりますので、現在の天板表情と若干異なるようになります。

天板フチ周り材の厚み約10mmの手前までを張る方法は、2.5mmの段差が生じますが、見た目の表情は現在とあまり変わらないものとなります。

木目の方向は現在と同じ方向の材料を使用します。ただし天然材を使用しますので、木目は現在とまったく違う木目になりますのでご了承ください。

修理費用ですが、税込み110,000円となります。
往復の送料は別途必要です。 修理期間は約2週間前後です。

春日井市内であれば、当店よりお引き取り・お届けを行いますので、お客様が梱包する作業は必要ありません。

1月 10, 2017 · Posted in テーブル修理  
    

Comments

Leave a Reply