TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

トリップトラップチェア塗直

安田屋家具店実店舗での修理作業や、別注家具の打ち合わせ、図面制作、さらには「美殿町春祭」運営などに追われて約半月情報発信ができないままでした。その間に様々なお問合せもありましたので、順次ご紹介していきます。

今回は一番多かったご相談である「Stokke ストッケ社製の「トリップトラップ」チェアー」についてです。

トリップトラップ

現在ダイニングに置く子供椅子、ベビーチェアーは、北欧ノルウェーのStokke ストッケ社製の「トリップトラップ」チェアーがほとんどを占めています。模倣した安価な商品も出ています。

1972年にノルウェー生まれの著名デザイナー、ピーター・オプスヴィックにより生み出された「トリップトラップ」は、その年に販売を開始し、世界中で販売台数1,000万台を突破しました。 簡単に座板と脚乗せ板の高さを変えられる構造で、子供の成長に合わせることができ、さらに大人になっても普通の椅子として使用できることが魅力なんでしょうね。

安田屋家具店でも展示して取り扱っていましたが、販売台数が多くなるにつれ価格競争も激しくなったため安田屋家具店では取り扱いを中止した商品です。 現在ではどの店舗もほぼ同じ金額で販売しているようです。

メーカーというか輸入元のテコ入れがあったのではないかと四代目は思います。2017年4月時点、定価は税込み32,076円ですが、実質販売価格は税込28,215円に統一されているようです。そして送料はどこも無料のようです。

ちなみにYahooオークションを調べると新品で送料無料の最安値が税込26,900円で即落札できるようです。ついでにYahooショップで、税込み・送料込み22,800円のお店を発見しました。ここが一番安いようですね。

そんな「トリップトラップ」チェアーを長年使用したお客様から色を塗り替えたいというお問合せが多数寄せられていますのでご紹介します。

I様よりお問合せ
初めまして。
ストッケの塗り直しをお願いしたいです。現在明るいグリーンとオレンジを使用しております。

DSC_6168

グリーン色を→ホワイト色にしたい。オレンジ色を→グレー色にしたいのですが可能でしょうか? またグレー色なんですが、ストッケ公式のグレーと同じ色にして頂く事は可能でしょうか? 金額なども教えて下さい。宜しくお願いします。

安田屋家具店からの返信
現在のグリーン色をホワイト色に塗り直すことはできます。またオレンジ色をグレー色に塗り直すこともできます。

ストッケ公式のグレー色「ヘイジグレー」または「ストームグレー」と全く同じ色は難しいですが、色見本があれば極力近い色に仕上げることはできます。色見本がないと難しいです。

塗り直しに関しては、現在のグリーン色・オレンジ色を全て削り落として木地の状態にすることができません。 というのは、トリップトラップチェアーの材質は、合板の表面にブナ材板目の紙の薄さの突板を貼ってあります。現在の色をすべて削り落とすとブナ材板目突板も削り落としてしまい、合板表面が出てしまいます。合板表面では塗装の仕上がりがきれいに仕上がりません。

したがって現在のグリーン色・オレンジ色が薄く残った状態で、ご希望の白色、グレー色に着色塗装を行います。通常使用で塗装が剥げることはありませんが、ぶつけたり使用の摩耗によって塗り重ねた白色、グレー色が剥げて下地の元の色が出る場合がありますことをご了承ください。

またトリップトラップの多くの色の場合、木目が薄く出ている塗装色もありますが、塗り直し修理においては木目が表面に出ないベタ塗となります。お送りいただいた写真の現在の色のグリーン色のようなイメージとなります。

塗り直し修理費用は税込み1脚17,000円です。往復の送料が別途必要です。 椅子本体を分解していた上で発送すれば送料は安価となります。岐阜市近郊であれば当店より引取、お届けを無料で行います。

修理期間は商品お預かり1週間~2週間後の発送となります。

オリジナル本来の塗装種類は「ラッカー塗装」とのことですが、塗り直しに使用する塗料は家具に使用されるウレタン塗装仕上です。

ウレタン塗料は、塗膜(木地の上にできる塗料の層)の厚さや硬度にも優れ、表面が劣化しにくいのが特徴です。しかも安田屋家具店の職人が使用する塗料は「エコ塗料」と言い、人体に有害なホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどの有害物質を含まない安全塗料です。

海外商品に多く見られるラッカー塗料は、長く使用していると艶がなくなったり、はげたりする場合もあるようです。

ウレタン塗装とラッカー塗装の違いはコチラ「ラッカー」と「ウレタン」の違い」に詳しく説明されていますのでご覧ください。

4月 15, 2017 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply