TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

アトランタ家具の取手金具

M様からのお問合せ
「ATLANTA製・サイドボードの取っ手金具が壊れ、部品があるかどうかのお電話をしました。部品の写真を添付しましたので確認の上、お返事をお待ちしております。よろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信
懐かしい家具シリーズの名前を久しぶりに目にしました。
「ATLANTA(アトランタ)」シリーズの家具は、静岡に工場があった太田長(オオタチョウ)が作っていた高級家具です。

洋服タンス、チェスト、ライテイングデスク、ベッド、ドレッサー、ダイニングテーブル、チェアー等、アトランタシリーズで揃っていました。

10数年前に残念ながら工場は廃業してしまいましたので、金具の在庫はすでに現存していないと思いますが、一度静岡の家具問屋に確認してみます。

安田屋家具店からの再返信

先日のアトランタシリーズ家具に使用されていた取手金具ですが、アトランタシリーズを製作していた工場があった静岡の家具問屋に偶然にも数個であればまだ金具が残っていることが分かりました。

オリジナルの金具なので、恐らくこれが部品のみとしては最後に現存する金具ではないかと思います。

ただ1点確認していただきたいことがあります。

取手金具はチェスト引き出しの前板に2か所の穴が開いていて、その穴にビスを差し入れて金具を止めてあります。チェスト引き出しの前板にあいている2か所の穴の中心~中心の間隔は約60~61mmでしょうか。ご確認ください。

現存する金具のねじ止め位置の間隔は60~61mmです。間隔が違うと穴をあけなおす必要がありますので、必ずご確認ください。

尚、金具の色や艶などは、お手持ちのチェストと経年劣化により若干の違いがありますことをご了承ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
2月 27, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply