TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

KSS刻印20✖15 蝶番

KSS刻印のある蝶番金具に関してお問い合わせがあった。

Y様より
30年以上前に購入したリビングボードの蝶番が破損しました。破損した蝶番はKSSのマークがあります。

下部に付けられている蝶番を取り外すと20X15と記され右下に1と記されています。上部に付けられている蝶番には同様に20X15と記され右下に2と記されています。

破損した蝶番は多分鋳物と思われ、真鍮色若しくは金色をしていますが、扉を閉めている場合はほとんど見えません。簡単に取り換えられる蝶番があれば教えてください。よろしくお願いします。

安田屋家具店より返信
KSS刻印のある丁番金具は、大阪に工場があった「木村新」という会社が生産した金具です。残念ながらこの会社はかなり以前に廃業したためまったく同じ金具は現存していません。

金具に20×15の刻印があるとのことなので金具サイズは「20-15」サイズとなります。このサイズであれば他工場が生産している金具で代替ができますのでご安心ください。

ちなみに1とか2と刻印されている数字は生産した時期のロットナンバーだと思いますので、1と2の違いはありません。

「20-15」サイズの金具でかなり古い金具の場合、現在の代替金具とサイズが違う点があります。金具の円形部分をはめ入れるための穴が扉にあいているのですが、その扉にあいている穴のサイズが古い金具の場合小さいサイズがたまにありますのでご確認ください。

穴の直径(扉上下方向)は35mmで問題ないのですが、古い金具の場合、穴の長さ(扉左右方向)穴の先端から扉の渕までの長さが24mmです。

復刻した旧金具の金具色は「ゴールド色」のみとなります。

現存する代替金具は長さが27mmとなります。

「20-15」サイズの金具の場合、どちらのサイズの金具もありますので簡単に取り換えができます。現在の代替金具の金具色は「こげ茶色」です。金具の円形部分のサイズが現在の金具と旧金具では違っていますので、間違ってしまうと扉の穴を彫り広げる作業が必要となり大変な作業となってしまいますので、必ずご確認ください。

金具はどちらのタイプも税込み1個530円です。 送料が別途必要です。

この金具は365日24時間いつでも安田屋家具店オンラインショップにてお買い求めいただけます。ぜひご利用ください。

復刻した旧サイズの金具(ゴールド色)

現在の金具(こげ茶色)

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
9月 23, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply