TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

丁番・蝶番・ヒンジ取替作業

朝一番に30年前のご婚礼家具として安田屋家具店で購入した食器戸棚の扉丁番が折れて扉が落ちてしまったとご連絡があった。30年前の当店でのご購入商品なので、いち早く修理に出かける四代目でした。

30年前の食器戸棚なので、経験上多分アングル丁番金具が使用されていると考えた四代目。ただどのサイズが使用されているか不明なので、16-15、15-20、20-20、20-15、24-20のすべてのサイズの金具を持っていくことにした。

また特に20-15サイズに関しては、復刻した旧サイズの金具も持っていくことにした。30年前の金具の場合、たまに現在の金具よりも円形部分のサイズが小さく、扉にあいている穴にはめ入れられない事例があるので、念には念を入れての対応です。

安田屋家具店からくるまでやく40分。
山県市のU様宅に到着。
直ぐに食器戸棚を見せてもらう。

現在ではほぼ見られなくなった良いデザインの家具です。

30年前の家具であれば、恐らく静岡に工場がある「東海家具工業」の食器戸棚だと思います。取手の一部に「鉄刀木(タガヤサン)」というこげ茶色の木を使用してあります。当時の家具は手が込んでますね。

問題の破損した丁番を確認し、家具本体側と扉側に取りついたままの金具部品を取り外します。

ネジを取り外す時に2か所でネジが途中で破断してしまいました。これは厄介なことになったと不安な表情をする四代目。

金具を取り外して裏側を見ると「22」の刻印のみ。サイズが刻印されていない。

22とはサイズなのか??、わからん。しかしこの形状の丁番金具はすでに現存していない。現存する金具とサイズが合えばすぐに取り換え修理ができるのにと思う四代目。

他の扉を確認すると、食器戸棚下台は破損はなかった。上台の残りの扉2枚を見ると、平っぺたい丁番が使用されていた。すでに取り換え修理がされているのであった。

それにしてもこの取替えた金具・・・、代替金具を見つけるのに大変だったろうなぁ。なんでこの金具にしたのかな。

破損した金具のサイズを確認した。
扉側は20mm、家具本体側は15mmであった。

よかったぁーー、持参した金具で直ぐに取り換え修理ができる。その旨をお客様にお話しし、取り換え作業を行うのでした。

つづく

【関連記事】
旧型サイズの丁番

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
10月 1, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply