TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

DC COLDEA取替実例

奈良市のK様にお送りした「DC COLDEA刻印」の丁番、蝶番、ヒンジ金具が問題なく取り換えができたとのご報告をいただきました。K様わざわざのお知らせに心より感謝申し上げます。

K様より
1981年購入の食器棚の丁番、折れて扉がはずれてしまい、どうしようかと悩んでいました。

購入当時からは引っ越しし、購入した家具店は遠くなってしまっていました。ところが、安田屋家具店ホームページで「DC COLEDA刻印の丁番金具」を見つけ、早速注文、送付いただき取替ました。

食器棚の丁番寸法が、扉側に取り付ける側27mm、家具本体に取り付ける側が20mmで注文商品と少しサイズが違いますが、「24-20」のサイズしかカタログになかったためこれを注文取り付けました。

扉にあいている穴を削らなければならない場合があるとのご説明でしたが、削るまでもなく木づちで軽く打ち込むだけで問題なく取り付けられ、無事問題なく開閉をしております。

早速送付いただきありがとうございました。ホームページの記事が写真入りで取付の経過が書かれていたため大変参考になり助かりました。数年来、いつこわれても仕方ない状態で使用していましたが、やっと解決でき満足しております。ありがとうございました。

安田屋家具店からの返信
お役に立てて光栄です。
DC COLDEA代替金具」専用の商品ページを安田屋家具店オンラインショップに早速公開しました。より分かりやすく説明しておりますのでぜひご覧ください。ご注文も365日24時間いつでもできますので便利です。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
10月 15, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply