TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

C63ロッキングチェア修理完了

先日お伝えした飛騨・高山に工場がある飛騨産業のロングセラー商品「C63 ロッキングチェアー」のソリ脚、座面割れ修理がやっと完了して安田屋家具店に届きました。修理期間1か月の大手術でした。

修理前の状態は下記記事をご覧ください。
「C63ロッキングチェア修理」
「ロッキングチェアのソリ脚」

新品同様の仕上がりです。
ポキッと折れていたソリ脚は新品の部品に取替えてあります。

修理前 

修理後 

割れていた板座面もきれいに再接合してあります。

修理前 

    

修理後 

    

ロゴまで新しいラベルに張り替えてありました。
今回の修理では、背棒、脚棒を全て取り外します。板座面は数枚の板を接合して1枚の板座を形成しているので、割れていない接合箇所も全て強制的に割って一度バラバラに材料状態まで戻してから再接合を行う完全修理です。

板座面の割れた部分のみを修理した場合、再接合部分に目地違い(段差)が生じてしまうのですが、今回の完全修理は再接合後、座面表面を削り段差を無くしてから再塗装仕上げを行います。そのため座面は新品となります。

ソリ脚部品を交換する場合も脚棒を取外してから再接合をするので、こちらも取付後に再塗装を行います。

したがって木部は以前の物を使用しますが、表面はほぼ新品と同じ状態になるのです。

座面裏には補強材を入れてあります。表から補強材は見えません。

接着剤も最新の強力で弾力性が失われないものを使用していますし、補強板も入れているので将来まず割れることはないと考えてよいでしょう。

今回の修理費用は下記の通りです。
ソリ脚部品   9,600円(税抜き)
座割れ再接着 13,500円(税抜き)
組直し    13,500円(税抜き)
———————————————–———-
合計金額 36,600円(税抜き)

往復の送料が別途必要ですが、今回はお客様がお持ち込み、引取をしていただけましたので修理費用のみで行いました。

このC63ロッキングチェアーは現在も生産しています。新品価格は63,000円(税抜き)なので、修理したほうが断然安価です。最近見直されているロッキングチェアー。修理を考えているならば、ぜひ安田屋家具店にご相談ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
11月 16, 2018 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply