TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

サイズが違うクローゼット代替金具

先日、安田屋家具店オンラインショップにて購入いただいたクローゼット折戸用代替丁番をお送りした愛知県一宮市のK様より、届いた金具が間違っていないかとのお問い合わせをいただいた。

K様より
11月25日に上記の商品を発注したKと言いますが本日商品が届きましたが、安田屋家具店ホームページのクローゼット折戸用丁番金具写真の第二世代の丁番金具の写真を見つけ、代替えの第四世代の商品を発注しましたがサイズが大きく使用できません。

サイズ記載の写真を確認すればよかったのですが。
当方の丁番金具はメジャーが写り込んだ第二世代の写真の丁番と同じ形状でサイズが第4世代の80mmの長さの所が53mmで42.3mmの所が40mmと異なっています。

ネジ穴68ミリの所が35ミリなのですが交換できる商品は有りますか?もしも無い場合には返品は可能でしょうか?また、返品、交換が可能でしたらどのようにしたらいいでしょうか?よろしく御願いします。

安田屋家具店からの返信
K様宅のクローゼット折戸に使用されている丁番金具は添付写真の第二世代の金具でしょうか。

K様宅で破損した第二世代の金具はすでに生産中止で現存していません。

 

お問い合わせのサイズの違いは第二世代の古い金具と、最新の後継(代替)金具との違いであると確認できますので、お送りした金具で取替修理ができます。現在の後継(代替)金具サイズは・・、

第二世代の古い金具サイズは・・、

また破損した金具にこのマークのような刻印がありますでしょうか。マークはとても小さくわかりずらいですが金具表面のどこかに刻印されています。

同じマークがあれば、お送りした金具が破損金具を製作したのと同じ工場が現在製作している後継金具となりますので、お送りした金具での交換修理となります。

尚、第二世代以降の古い金具は次の形状を今までに確認しています。

これらの金具もお送りした金具での代替え取り換えは可能です。

破損金具と後継金具となる代替の違いは、金具のツバ部分が大きくなっていること。もっとも違う点は金具を取付けるネジ穴位置です。

破損金具は扉にあいている穴の内側が取付ネジ位置となっています。後継(代替)金具は広がったツバ部分が取付ネジ位置となっていますので、扉にあいている穴の外側がネジ位置となっています。そのため取付ネジ位置が全く異なります。

新しいネジ位置となる扉にあいている穴の外側には必ず扉内部に芯材が入っていて空洞ではない部分なのでネジは確実に効きます。

重要なのは扉にあいている穴に金具がはまり込み扉表面と金具との間が密着して隙間が生じていないことです。扉にあいている穴に金具がはまり込まなかったり、ゆるゆる状態ではお送りした金具での代替交換はできません。

尚、返品は可能ですのでご連絡ください。返品手続きをご案内させていただきます。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
12月 16, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply