TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

続 HG3-5刻印の金具

先日お伝えした金具の裏に「HG 3-5」の刻印がある金具の代替金具についてです。

K様に破損金具のA(扉側)のサイズとB(家具本体側)のサイズを測ってご連絡いただくようお願いしたところ、早速ご返信がありました。

K様よりご連絡
返信ありがとうございます。Aが約1.8㎝、Bが約1.5㎝でした。よろしくお願い致します。

安田屋家具店からの返信
ご連絡ありがとうございます。
Aが約1.8㎝、Bが約1.5㎝ですと、金具サイズは「18-15」となりますが、そのサイズの金具は残念ながらすでに現存していません。

お送りいただいた破損金具写真では、金具裏面に「HG 3-5」しか確認できませんが、刻印中央に金具の強度を増すための棒が取付いているようで、そのため刻印の文字が一部隠れているものと思います。

恐らく本来の刻印文字は「HG-613-5」だと思います。

以前当店実店舗にて「HG-613-5」を取替えた事例では、金具サイズはK様と同じAが約1.8㎝、Bが約1.5㎝の「18-15」サイズだったからそう考えます。 この時は、代替金具として「20-15」サイズの金具を使用しました。

扉側で2mmのサイズ違いがありますが、問題なく取り換えができました。

K様の場合も「20-15」サイズの金具で代替え修理ができるものと考えます。ただ扉にあいている穴にはめ入れる金具円形部分のサイズが代替金具の方が大きいので、扉にあいている穴を彫り広げる作業が必要となります。

破損金具の円形部分の直径は30mm(添付写真C)、長さは21mm(添付写真D)です。

代替金具は直径は35mm、長さは27mmとなります。

現在の穴を使用しては代替金具が穴にはまりませんので取替え修理ができません。扉の穴を彫り広げられるかが取替修理ができるかどうかに関わります。扉の穴加工がお客様の方でできるのであれば「20-15」サイズの代替金具で取替修理ができます。

この記事で紹介した金具は、安田屋家具店オンラインショップにて24時間365日いつでもお買い求めいただけます。

関連記事
KYOWA 丁番金具HG-613-5
HG 3-5刻印の丁番

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
12月 20, 2018 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply