TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

チェスカチェア籐張座面張替

鎌倉市のI様からのお問い合わせ
初めまして。
チェスカチェアの座面の貼り替えの修理を行った場合の送料を含めると総額いくらになるか教えていただきたいです。

安田屋家具店からの返信
チェスカチェアーは、以前は生産する工場が多数ありました。喫茶店の椅子として使用されることも多くあり、チェスカチェアーによく似た業務用椅子も多数ありました。

しかし先日新規のチェスカチェアー購入を希望されるお客様があり、調べたところなんと現在では1社のみの取り扱いしかありませんでした。

かつてチェスカチェアーを取り扱っていた四代目が知る限りの数社に確認してみるものの、全て現在の取り扱いは無いとの回答だったのです。時代の流れですねぇー!!

さてI様のチェスカチェアー写真を確認すると破れたのは座面のみのようですので、張替は座面のみのでよいと考えます。ただ張替後の新しい籐シートは白っぽい色となりますので、数年は張り替えない背面の籐シートと色の違いが出ます。

ただ年数の経過とともに同じような色に変化していきますので将来的には色の違いはなくなります。

座面のみの張替えは、無着色の生地仕上げで1脚税込み15,800円です。

座面サイズが大きいので、座面裏側に籐材で作った補強材のバンドを縦横に2本入れる「十文字補強」をオプションで入れられることをお勧めします。

この補強バンドは籐でできていますので目立ちません。十文字補強を入れると耐久性が格段に高まります。十文字補強を入れない場合の強度を100とすると、十文字補強を入れた場合の強度は150となります。ぜひご検討ください。

十文字補強材加工は税込み5,000円が張替費用とは別に必要となります。十文字補強を入れる張替費用は合計で20,800円となります。

またちなみに、背面+座面の両方を同時に行う場合は、1脚税込み27,800円です。

尚、上記修理費用にはお客様宅~当店~お客様宅までの往復の送料が別途必要となりますのでご了承ください。修理をされる場合は、椅子本体から座面を取外して座面のみお送りください。座面のみ送付すれば送料が安価となります。

座面は椅子本体の裏側でビス止めしてありますので、簡単に取外しができます。

その際に座面の前後が分かるようにマスキングテープなどで印をつけておいてください。取付の際に前後が違うとネジ穴位置が微妙にずれるのでご注意ください。

チェスカチェアー籐張座面シート、背面シートの張替は、ぜひ安田屋家具店にご用命ください。

(注意/上記表示価格は2019年4月時点の価格です。記事をご覧になられた時点で価格は変動している場合がありますのでご了承ください)

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
5月 11, 2019 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply