TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

続 ベビーチェア修理

先日S様からお問い合わせがあったカントリーデザインであるウインザースタイルのベビーチェアー・子供椅子修理費用が職人から連絡がありましたのでご紹介します。

今回の修理内容は、板座面の割れ

背棒1本が折れている

肘部材の割れ

安田屋家具店からのS様への返信
座面の割れだけであれば当店専属職人の修理で十分なのですが、今回は損傷個所が荷重のかかる背棒の折れ、ひじ掛け部の
割れとあるため、部品交換が必要となります。当店専属職人に確認いたしましたが、やはり割れた部分を単純に再接着しただけでは荷重がかかる部分なので耐久性が低く危険なため、椅子としての使用には適さないため、修理はできないとのことでした。

そこでこの椅子は現在も製作している商品なので、製作工場であれば破損個所の部品がありますので、新しく部品をつくるのではなく在庫としてある部品を使用して取替修理ができます。

修理方法としては、椅子を部品状態にまでパラバラに分解した後、背棒1本と肘部材を新しい部品に取替え、再組立てをして修理を完成させます。座面部分と取替えた部品(背棒、肘部品)は、部分塗装にて他の木部分と同色に塗装仕上げを行います。全面塗装ではありません。ただし全面塗装をする場合は別途再塗装費が必要となります。

修理費用は下記の通りです。
座割れ再接着修理 税込み13,500円
部品交換3か所   税込み12,800円
組直し修理    税込み7,000円
———————————
税込合計金額 33,300円

お客様宅から当店、当店からお客様宅までの往復の送料が別途必要です。岐阜市近郊であれば当店が無料で引き取り・お届を行います。

尚、全面塗装を行う場合は、別途再塗装費が必要となります。

再塗装費 税込み20,000円

全面塗装も行うと合計金額が53,300円となってしまいます。この椅子は現在も製作している椅子で、販売価格は税込み52,800円です。

つまり新品の価格よりも修理費が高くなってしまいますので、今回は考えものです。

何十年と使用され、ご家族の歴史が刻み込まれた椅子で、新品には替えられない愛着がある想い出の椅子であれば修理をお勧めします。

再塗装まで行った場合、修理後の仕上がりは、新品と同じになります。

ご検討賜りますようお願い申し上げます。

関連記事
ベビーチェア修理

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
11月 22, 2019 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply