TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

2020岐阜JC新年賀詞交換会

1月15日、岐阜都ホテルにて、岐阜青年会議所(岐阜JC)の第69回新年賀詞交換会が開催されましたので、毎年楽しみにしている四代目は今年も参加してきました。

第69回ということは、岐阜JC創立69年目です。
ということは・・・、来年は創立70周年になるわけです。その時の岐阜JCクラブ(JC卒業生)の会長が、第47代理事長を務められた岡本知彦氏になるわけだ。その時に補佐役となる専務理事を拝命していたのが四代目でした。

来年の第70回新年賀詞交換会には、1998年当時の理事会構成メンバーと久しぶりに再会したいものです。

さて今年の岐阜JCクラブ会長は、第46代理事長を務められた野原常敬氏。JCクラブ総会には、懐かしい同年代の卒業生もチラホラ居られたので懐かしかった。

JCクラブ総会後、新年賀詞交換会の会場へ入場するために、年齢順に並びます。

卒業して20年経過している四代目は、なんと前から4列目の古参となりました。今回参加された最年長の先輩は、第14代理事長を務められた昭和3年(1928年)生まれ、御年91歳の辻 正先輩でした。そして四代目が27歳で入会した当時から賀詞交換会場でほぼ毎回参加されていた76歳の岡本文吉先輩も居られました。

会のスタートは、JCクラブ野原会長の挨拶からです。

さぁ、そして毎年恒例の理事長所信表明。岐阜JC伝統の静まり返った会場のマイク1本だけが設置されている舞台に、2020年度 第69代理事長 細野高弘 君が登壇。暗記している理事長所信表明を行いました。

細野理事長の緊張がヒシヒシと感じられました。

理事長所信表明は、コチラでご覧いただけます。

続いて来賓あいさつとして、岐阜県副知事のご挨拶。

続いて岐阜市長 柴橋正直氏のご挨拶。
柴橋市長のスピーチは上手かった。

来賓あいさつの後は、恒例の鏡割り。

確か昨年までは、岐阜JC卒業生であり、今回も参加された衆議院議員 武藤容治 先輩の「菊川」銘柄の樽酒だったのですが、今回は「日本泉」になっていてアレッと思いました。

鏡開き後は、歓談タイムです。

卒業して20年経過すると、現役メンバーに知った顔は無いのは当然。久しぶりに再会した卒業生と想い出話に浸りながら歓談タイムを過ごすのでした。途中、役員紹介などがありました。理事の中には、四代目が知る先輩のご子息が居られ、時の流れを感じるのでした。

柳ケ瀬商店街連合組合の林理事長、岡田副理事長の姿を来賓席に見て挨拶するのでした。1時間ほどで会は終了。その後、現役当時の卒業生と共に柳ケ瀬に戻り、居酒屋で想い出話に花を咲かすのでした。

岐阜JCクラブ会長は、理事長経験者が順番に行います。あと少なくとも11名の理事長経験者とは、同じ時代を過ごした同士なので、岐阜JC新年賀詞交換会もあと11年は参加しても知った顔ぶれに合えるということです。11年・・・、四代目71歳までは少なくとも参加し続けようと思うのでした。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
1月 22, 2020 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply