TOPページ »家具リフォーム・修理 » この記事

ダイニングチェアー張替

15年ほど前にご購入されたダイニングチェアーの張替修理のご相談があり、商品をお預かりしてきました。

デザイン的に日本ビクターが販売していたダイニングチェアーではないかと思います。基本的にパイプチェアー構造で、4本パイプ製の脚が座面と背もたれを接合している仕組みです。

 背もたれを外した状態

座面は丸型合板にウレタンクッション材をのせて張地を張り、パイプ脚にネジで接合しています。

背もたれは、丸型パイプに張地を止めるためのタッカー釘打ち付け用の木枠を一部取り付けてありました。
座面と同様、パイプ脚にネジで接合する仕組みです。

張る部分の面積は少ないのですが、背もたれが丸く、さらに曲線構造なので、かなり手間がかかる構造となっています。

今回は赤いビニールレザーを張地に選択されました。
お預かり前よりも、ぐぐっと華やかなダイニングチェアーとなりました。

 

座・背面ともに中身ウレタンクッション材を新しいものに取替え、1脚税込み15,000円で仕上がりました。
新品となったダイニングチェアーは、ご家族の新しい歴史と想い出を刻み込みまた同じ使用年数だけ末永くご使用いただけることでしょう。

安田屋家具店では、積極的に家具の修理・メンテナンスをお受けしています。
大型店を中心に、大量生産・大量消費・大量破棄が中心となった販売方法のため手間がかかり、利幅の少ない「修理」「メンテナンス」はしなくなりました。
小さな町の家具屋さんも、最近は家具の修理をしなくなったとお客様からよくお聞きします。残念なことです。

ただ椅子張替職人のみならず、いろんな分野での職人さんの後継者がいない現状、家具修理に携わる職人が地元にいなくなった地域も増えています。
家具修理で困ったときは、ぜひ安田屋家具店にご相談ください。

メールにてお問い合わせいただければ、適切なご修理方法をお教えいたします。
お問い合わせ・ご相談は無料です。
なんでもご相談ください。

8月 2, 2009 · Posted in 家具リフォーム・修理  
    

Comments

Leave a Reply