TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

クローゼット折戸用丁番

北海道のH様から、クローゼット折戸に使用されている丁番金具の取替についてお問い合わせがありました。

H様からのお問合せ
サイト拝見しました。 救ってください。 我が家の丁番は写真のものと同じです。 その場合、1,150円のスペーサー丁番と第4世代の丁番を両方購入すればよいのでしょうか?

安田屋家具店からの返信
破損した金具を確認しました。第4世代の古い金具です。全く同じ金具はすでに生産中止で、現存していません。

しかし同じ工場が、機能と耐久性を向上させた第5世代の後継金具を現在生産しています。その最新の金具で取替ができますのでご安心ください。

1,150円のスペーサー付き丁番は必要ありません。
スペーサー付きの金具は、下記写真の第1世代のかなり古い金具の代替金具となります。

第1世代の金具は、金具の厚みが現在の金具よりも2mm薄い5mmです。現在の金具の厚みは7mmです。そのため扉にあいている金具をはめ入れる穴の深さも5mmのため、現在の代替金具をはめ入れると扉表面と金具との間に2mmの隙間が生じ密着しません。そのためスペーサー部材付き金具での取替となるのです。

H様の今回の破損した金具にはスペーサー部材は必要ありません。破損した金具の厚みは7mm、現在の代替金具の厚みも7mmと同じなので隙間埋め部材(スペーサー材)は必要ないわけです。

税込600円の代替金具C(添付写真の金具)だけで取替えられれば簡単に取替えができます。

扉にあいている穴にはめ入れる金具裏側の円形部分のサイズは同じなので簡単に取替えできます。

破損した金具と現在の金具との大きな違いは、金具を扉に取付ける取付ネジの位置です。破損金具の取付ネジ位置は、扉にあいている穴の内側となっています。

一方現在の後継金具(代替金具C)の場合、取付ネジ位置は穴の外側です。通常、穴の外側部分の扉内部には芯材が必ず入っているのでネジは確実に効きますのでご安心下さい。

新しい取付ネジ位置は、写真の赤丸部分の位置となります。

代替金具Cのご注文は24時間365日いつでもできる下記の当店オンラインショップをご利用ください。

H様からのご返信
早々のご回答ありがとうございます。 わざわざ、600円の買い物に、ここまで親切・丁寧にご説明いただきまして 本当に感謝しております。 このご時世に、四代目・安田屋家具店のような、慈愛の念をもってご商売されておられる事に ただただ頭が下がります。 本当にありがとうございました。

お褒めの言葉を励みに、益々精進いたします。ありがとうございました。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
12月 4, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply