TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

秋田木工No.202-R 張替

曲木家具で有名な秋田に工場がある「秋田木工」製のスツールNo.202-Rの座面籐シート張替に関して、ご相談がありました。

そういえば秋田木工は、かなり以前に大塚家具の子会社になっていた。つい先日、大塚家具がヤマダ電機の子会社となり、大塚久美子社長は辞任されたのですが、今まで通り秋田木工は大塚家具の子会社でいられるのでしょうか。安価な輸入ものの曲木家具が多いので、品質の良い国産の曲木家具を作り続けてもらうためにも、そうあって欲しいと願う四代目です。

東京都のE様からのお問合せ
籐の椅子修理が可能でしょうか?また見積もりをお願いしたくメールいたしました。 秋田木工の物です。

安田屋家具店からの返信

秋田木工製の「No.202-R」籐シート座面スツールです。座面籐シートは消耗品なので、張替ができる仕様になっていますのでご安心ください。

張替材は現在と同じ「五分カゴメ編み籐シート」を使用します。無塗装・無着色の生地仕上げ材です。張替当初は現在よりも籐シートの色は白っぽい色となりますが、年数の経過とともにアメ色に変化し最終的には現在のアメ色の様になります。

張替費用は1脚税込16,000円です。往復の送料が別途必要です。

送料を安価にするには、スツール本体から座面裏の取付ビスを外して、座面を本体から取外します。プラスドライバーで簡単に取外せます。取り外す際、元に戻す時に同じネジ位置になるよう、座面と脚部にそれぞれ印をつけておいてください。取付の際に便利です。取外した座面部分のみをお送りいただくと送料が安価となります。

座面部分が大きいので、座った時の荷重が籐シート材に加わり、長年使用されると中央部分がヘコミ、最終的には現状のように破れます。それを防ぐ補強材があります。

耐久性を高くするオプションとして、座面裏側に籐製バンドを十文字に取付けて、荷重を支える方法があります。この籐製バンドの補強材を付けると耐久性が無い場合の2倍となります。補強バンドはほとんど目立ちません。

十文字補強は税込み5,500円です。
張替+十文字補強の合計金額は21,500円です。

十文字補強が無くても特に問題はありませんが、より耐久性を高めるためにはご検討ください。

籐シート材の素材が昔に比べて悪くなり、耐久性も低くなっています。そのため座面に籐シート材を使用したスツールや椅子は最近ほとんど見なくなりました。籐シート座面の椅子は軽いのでとても便利です。

ぜひ張替をご検討いただきますようお願い申し上げます。

【関連記事】
続 秋田木工No.202-R張替
続々 秋田木工No.202-R張替

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
1月 16, 2021 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply