TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

続々 飛騨産業ロッキングチェア修理

先日来ご紹介している飛騨・高山に工場がある飛騨産業の永遠のロングセラー商品「C63 ロッキングチェアー」修理に関する続々報です。

お客様宅からお預かりしたロッキングチェアーの修理箇所は、向かって左側の後脚とソリ板との接合部で後ろの根元がポキッと折れているため、後脚部材を1本取替えることと、取替えるために脚部を一度分解して組み直す修理でした。

四代目がチェックすると、座面板の割れが発見されたので、脚部修理と同時に座面板割れ再接合修理をされることをお勧めしてお客様からのご返事待ちでした。

後ろ脚修理費用は税込27,000円。
座面割れ再接合修理費用は別途税込み7,000円です。脚部と座面修理を今回行えば、ほぼ新品同様になり、安心して末永くご使用いただけます。

修理を同時に行うことで、座面割れ修理費用は非常に安価となります。

今回、脚部だけの修理を行った後、年数が経過すると座面の割れている部分が現在よりも大きくなることが想像できます。その時に座面だけの修理を行うと、割れた部分だけを再接合する部分修理費用は税込み16,000円程度かかります。

以前にも座面割れ修理を行われているようなので、次回の修理は本格的に座面割れを修理する必要があります。

本格的座面修理内容は、座面板を一旦バラバラに割って材料の状態に戻してから、再度貼り付け直し、1枚の板に戻す修理となります。

そのため背棒、脚などすべての部品を一度分解する必要があります。そのため座面板修理だけでなく、分解組直し修理が加算されますので、修理費用が税込み23,000円となってしまいます。何度も修理を行うと、新品を買い替える金額に近づいてしまいますのでお勧めしません。修理を行うならば同時に行った方が結果としてお値打ちになります。

お客様からご返事がありました。
検討の結果、今回は脚部のみの修理でお願いしたいとのことでした。直ぐに職人に確認すると、座面が割れたままなのはお勧めできないが、脚部の修理だけでもできるとのことでした。その旨お客様にご案内する四代目でした。

そして飛騨・高山の修理工房にお預かりしたロッキングチェアーを発送するのでした。修理期間は約1ヶ月から1.5か月です。

修理が完了した時にまたご案内いたします。

【関連記事】
飛騨産業ロッキングチェアー修理
続 飛騨産業ロッキングチェアー修理
C63ロッキングチェア修理完了

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
5月 21, 2021 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply