TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

続 kyowa 3-5刻印の丁番

T様からお問合せいただいた「kyowa」「3-5」の刻印がある飾り棚の扉の丁番についての続報です。

T様からのご連絡
返信ありがとうございます。(A)2センチ、(B)1.5センチ。円形部分の直径3センチです。

安田屋家具店からの返信
T様からの金具情報は「kyowa」と「3-5」が金具に刻印されているということだけでしたが、家具業界39年目の四代目は、たったこれだけの情報にもかかわらず、恐らく破損した金具はこれではないかとピーンときたのです。破損した金具は恐らくこの形状の金具だと考えられます。

 

これと同じ金具であれば、かなり古い古い金具です。残念ながらこの金具はすでに生産終了で、在庫も無く、現存しない金具です。T様に金具のサイズを確認していただいたところ、(A)20mm、(B)15mm。金具裏側の円形部分の直径は30mmとのご連絡でした。

(A)が20mm、(B)が15mmであれば、少し金具の形状が異なりますが、代替金具はあります。尚、(A)(B)のサイズが1~2mm程度の違いであれば問題なく代替えできます。破損した金具の後継金具となります。下記写真の金具が代替金具となります。

当店実店舗で、破損したのと同じ金具の代替金具として取替実績が多数あります。取替後に問題は起きていませんのでご安心ください。破損金具と代替金具とで、大きな違いは扉にあいている穴にはめ入れる金具の円形部分のサイズです。

破損金具の円形部分の直径は30mmで、長さが21mmてす。

代替金具の円形部分の直径は35mmで、長さが27mmとなります。

そのため扉の穴を彫り広げる作業が必用となります。金具の円形部分が扉の穴にはめ入れることができるようにしなければなりません。

添付写真のような電動ルーター、電動彫刻刀などの工具があれば簡単にで穴を彫り広げられますが、ない場合、手動での作業は
難しいです。その場合、建具店や工務店に穴を彫り広げてもらう必要があります。

扉が大きくなければ当店にお送りいただければ金具を取替えてお送りする事ができます。また岐阜市近郊であれば、当店がお伺いして、ご自宅で取替修理も可能です。ご遠方の場合はご訪問修理はできませんのでご了承ください。

また単純に穴を彫り広げて、20‐15サイズの丁番金具を穴に入れるだけでは扉の開閉に支障が生じます。修理実績の中から作り出した安田屋家具店オリジナルの金具付属品が必要となります。

金具は付属品を取付けて1個税込み650円です。送料が別途必要です。

取替え修理には扉の穴を彫り広げられるかが、ポイントとなります。ご検討ください。

T様からのご返信
ご連絡ありがとうございました。今回の修理はやめておきます。

今回ご紹介した「kyowa」「3-5」「HG 613-5」の刻印がある丁番は、安田屋家具店オリジナル付属品を取付けた「20-15」サイズの丁番で取替ができます。同じ金具が破損された場合は、安田屋家具店にお問い合わせください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
7月 7, 2021 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply